« Fallen Physicist, Rising Engineer 3周年 | トップページ | 「龍臥亭幻想」を読んだ。 »

2011年4月13日 (水)

「龍臥亭事件」を読んだ。

この前、「塗仏の宴」を読みましたが、あれも間接的に津山三十人殺しをベースにしてましたし、そもそも子供のころ同じく「八つ墓村」が非常に怖かったんですが。。。

その実話を組み入れた(ベースじゃなく内容に取り入れた)小説で、途中はドキュメンタリーを読む感じでした。

御手洗さんの助けを得られない石岡さんががんばるお話で、しかしトリックは微妙。。。特にガラス張りのやつ。もう一段どんでん返しがあると思っていたのに。。。ドキュメンタリーぽくみたほうがいいのかな。でもこれで初めて犬坊里美が登場。実は「犬坊里美の冒険」から先に読んでしまったんですが、ようやく石岡さんとどういう関係かわかりましたよ。

で、みっちゃんが誰かは。。。そりゃあとがき読むまでわからなかったよ。私もそっちのシリーズ2冊くらいしか読んだことないし。

« Fallen Physicist, Rising Engineer 3周年 | トップページ | 「龍臥亭幻想」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/50870114

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍臥亭事件」を読んだ。:

« Fallen Physicist, Rising Engineer 3周年 | トップページ | 「龍臥亭幻想」を読んだ。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ