« 「塗仏の宴」(宴の支度/宴の始末)を読んだ。 | トップページ | 伏見の肥後橋の上からお花見 »

2011年4月 9日 (土)

「ふたたび赤い悪夢」を読んだ。

「頼子のために」、「一の悲劇」に続く三部作ということで読んでみた。

特に「頼子のために」で最後に犯人を間接的に殺してしまった法月さんがどん底からどう再生していくかというお話になっています。三部作とも家族の悲劇で読んでいてつらいね。

でもこうやって悩むのが現代の探偵らしいというか(でも1990年代だけど)。

金田一耕助なんか、いくら殺されても「しまったー」と叫んで終わりとか。。。(いや好きですよ)。

殺人防御率というのを調べた人がいらして、最下位だったといううわさが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%94%B0%E4%B8%80%E8%80%95%E5%8A%A9#.E6.AE.BA.E4.BA.BA.E9.98.B2.E5.BE.A1.E7.8E.87

« 「塗仏の宴」(宴の支度/宴の始末)を読んだ。 | トップページ | 伏見の肥後橋の上からお花見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/50851721

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふたたび赤い悪夢」を読んだ。:

« 「塗仏の宴」(宴の支度/宴の始末)を読んだ。 | トップページ | 伏見の肥後橋の上からお花見 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ