« 日産JUKEの新CMソングはスチャダラパーのGet up and Danceか。ポンキッキーズ! | トップページ | 「山伏地蔵坊の放浪」を読んだ。 »

2011年6月 2日 (木)

「探偵映画」を読んだ。

我孫子さんの作品を読むのは久しぶり。著名な監督が、嵐の山荘ものの推理映画を撮るのだが、誰にも犯人/結末を言わずに失踪。残ったスタッフが何とかストーリーを考えて…というのが中盤。だが、本当の結末は…というお話。

実際に死ぬ人が出てこないのでほのぼのしてます。

ネタばれかもしれませんが、私は映像で叙述トリックって無理だと思っていた。だが、これを読んで、逆に映像でしかできない叙述トリックを使った映画ってあるんだ!と感心。これもそう。なるほど。

« 日産JUKEの新CMソングはスチャダラパーのGet up and Danceか。ポンキッキーズ! | トップページ | 「山伏地蔵坊の放浪」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/51482606

この記事へのトラックバック一覧です: 「探偵映画」を読んだ。:

« 日産JUKEの新CMソングはスチャダラパーのGet up and Danceか。ポンキッキーズ! | トップページ | 「山伏地蔵坊の放浪」を読んだ。 »

最近のコメント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ