« 「あわせ鏡に飛び込んで」を読んだ。 | トップページ | 「食べやすいー」というのはグルメコメントとしていかがなものか。 »

2011年6月24日 (金)

「フラッシュフォワード」を読んだ。

こういうアメリカのドラマがあるのは知っていたけど、途中で打ち切りになったと聞いていた。設定が、CERNの加速器の実験で全世界の人々が2分間だけ21年後の未来を見るという面白いもので、原作読んでみた。ちゃんとSFしているし、かなり物理的なことも面白く書かれている。こういうのは日本では受けない(というかできてもガリレオまで)んだろうが、打ち切りになったとしてもちゃんとドラマにするアメリカは懐が広いなあ。

…と思っていたら、だいぶ筋書きが変わってベンフォードが主人公?それは微妙。。。

小説版の最後の方は、ちょっと大がかりになってしまいましたが、数十年後の話にしといたほうが面白かったかも。

あ、全然関係ないですが、だいぶ前に「神様のパズル」を読んだのですが、実はフラッシュフォワードのような話と勝手に最初思って読んだら、全然違っていた。。。

« 「あわせ鏡に飛び込んで」を読んだ。 | トップページ | 「食べやすいー」というのはグルメコメントとしていかがなものか。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/51230557

この記事へのトラックバック一覧です: 「フラッシュフォワード」を読んだ。:

« 「あわせ鏡に飛び込んで」を読んだ。 | トップページ | 「食べやすいー」というのはグルメコメントとしていかがなものか。 »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ