« 「世界は密室でできている。」を読んだ。 | トップページ | 「空の中」を読んだ。 »

2011年7月 5日 (火)

「コクリコ坂から」のCMでかかっているのは森山良子さんの「さよならの夏」のカバーだが…

1976年のドラマの主題歌だそうです。今回カバーを歌うのは手嶌葵さん。

大変いい曲でこれはこれでいいのだが…

私、これ最初聞いたとき大昔の「時をかける少女」(内田有紀さん版)のオープニング曲っぽいなあ、でもあれ久石護さんだから同じ人が作ってるからいいのか、と思ったらさよならの夏は別の人の作曲でしたorz

まあ、たいして似てないといえば似てないので問題ないのだが、

Falcomの英雄伝説の海の檻歌のOPに似てるなあと思いだす。こっちは微妙。

« 「世界は密室でできている。」を読んだ。 | トップページ | 「空の中」を読んだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

メロディーラインからコード進行まで似すぎ。
編曲でつかってる音源までも
久石メロディかと思わせるように作っているとしか思えない

オマージュなのかもしれないがやりすぎ

ファルコムは古城さんがいたから 久石にソルフィージュとかうけてたひと
似てくるのも納得かなあ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52130115

この記事へのトラックバック一覧です: 「コクリコ坂から」のCMでかかっているのは森山良子さんの「さよならの夏」のカバーだが…:

« 「世界は密室でできている。」を読んだ。 | トップページ | 「空の中」を読んだ。 »

最近の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ