« 「弥勒の掌」を読んだ。 | トップページ | 「海のある奈良に死す」を読んだ。 »

2011年7月10日 (日)

「フリークス」を読んだ。

精神病院(この言葉自体がもうあまり使われないで言いかえられていることが多いが)を舞台にした3話からなる推理小説。誰が誰を殺した、というのが舞台が舞台だけにわからなくなってどんどん不安になるようなお話です。叙述トリックかといえばそうとも言えますが。

表題作は、下のリンクにもある映画のオマージュ(&江戸川乱歩の孤島の鬼)だそうですが、こういうのは不道徳ながらもなぜか惹かれるものがある。祭の見世物小屋とかね。

« 「弥勒の掌」を読んだ。 | トップページ | 「海のある奈良に死す」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/51740530

この記事へのトラックバック一覧です: 「フリークス」を読んだ。:

« 「弥勒の掌」を読んだ。 | トップページ | 「海のある奈良に死す」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ