« ディアゴスティーニのスタートレック・ベストエピソードコレクション1巻から135巻まで、全部買った! | トップページ | 近鉄特急で鳥羽駅へ。 »

2011年7月21日 (木)

「塩の街」を読んだ。

確かこれがデビュー作でしたか。ライトノベルとして書かれたそうで、表題作自体は全体の半分くらいのページで終わってしまいますが、その後日談もあとについてます。

この作品は設定が面白い。ただ、自衛隊・メカなどの描写がおまけ程度(その分、見開きであるイラストが付く)で、年の離れた恋愛描写が主。

ちょっと私には気恥ずかしい。。。

だが、入江さんのキャラはチームバチスタの白鳥さん的な役割で、そういうキャラはお気に入りです。

« ディアゴスティーニのスタートレック・ベストエピソードコレクション1巻から135巻まで、全部買った! | トップページ | 近鉄特急で鳥羽駅へ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「塩の街」を読んだ。:

« ディアゴスティーニのスタートレック・ベストエピソードコレクション1巻から135巻まで、全部買った! | トップページ | 近鉄特急で鳥羽駅へ。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ