« SOYSH新CMソングは「私の知らない私」(野宮真貴さん)。 | トップページ | 「七回死んだ男」を読んだ。 »

2011年7月 3日 (日)

「未来の二つの顔」を読んだ。

久しぶりに名作SFを読んでみた。去年お亡くなりになったJ.P.ホーガンの「未来の二つの顔」だ。

相当昔の作品だけれど、全然古くない。さすがDECのセールスマンだったホーガン。

人工知能に様々な攻撃をわざと仕掛けてどう回避するかを見るプロジェクトを始めたところ、仕掛けた人間を敵とみなして攻撃を始めてくる人工知能スパルタクス。

ロボット3原則を与えられないのかなあと安易に思っていたら作中で「じゃあ人間をどう認識させるの?」という突っ込みが。

で最終的に人間と人工知能の共存はハッピーエンドといっていいんだろう。人工知能の方が上になったのだが。。。面白かったです。星野さんの漫画もあるそうで、ちょっと結末が違うそうですが、それも読んでみたい。

« SOYSH新CMソングは「私の知らない私」(野宮真貴さん)。 | トップページ | 「七回死んだ男」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「未来の二つの顔」を読んだ。:

« SOYSH新CMソングは「私の知らない私」(野宮真貴さん)。 | トップページ | 「七回死んだ男」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ