« いくら絵心が全くない私でも徹子の部屋に出てるレディー・ガガの絵は描けるか? | トップページ | 「コクリコ坂から」のCMでかかっているのは森山良子さんの「さよならの夏」のカバーだが… »

2011年7月 5日 (火)

「世界は密室でできている。」を読んだ。

「煙か土か食い物」に出てきた名探偵、ルンババ12こと番場くんの少年時代のお話です。悲惨な事件は起こりますが、どこかさわやか。さらにページを埋め尽くすような独特の文体が面白い。

あと奈津川って誰だっけ?と煙か土か食い物を見なおしてしまった。

番場くんはいいキャラで、まだまだシリーズ作れそうなのにあっさりと(煙か・・・で)退場してしまって…残念ですが、シリーズを作る作者さんではないのでそれは仕方ないか。

« いくら絵心が全くない私でも徹子の部屋に出てるレディー・ガガの絵は描けるか? | トップページ | 「コクリコ坂から」のCMでかかっているのは森山良子さんの「さよならの夏」のカバーだが… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/51670735

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界は密室でできている。」を読んだ。:

« いくら絵心が全くない私でも徹子の部屋に出てるレディー・ガガの絵は描けるか? | トップページ | 「コクリコ坂から」のCMでかかっているのは森山良子さんの「さよならの夏」のカバーだが… »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ