« 「流れよわが涙、と警官は言った」を読んだ。 | トップページ | 新長田の鉄人28号を大丸の2階から見た。 »

2011年9月10日 (土)

寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁を読んだ。

吉敷さんシリーズは近所の書店で売っていないので結構探すのが大変。今回第一作目をようやく読めた。吉敷さんのキャラクターがあまりにも御手洗さんとは違いすぎてそこがまたおもしろい。幽霊でも出たとしか思えない出来事(殺されていたはずの時間にはやぶさにに乗っていて、しかも写真まで撮られていた(1/60のシャッタースピードで!))の真相はいかに、という非常に興味をそそるものでした。トラベルミステリーは実は苦手なんですが、これは面白かった。

しかし被害者が実は○○だった、というのを最近立て続けに読んでるなあ。ダリの繭とか。

« 「流れよわが涙、と警官は言った」を読んだ。 | トップページ | 新長田の鉄人28号を大丸の2階から見た。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52355671

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁を読んだ。:

« 「流れよわが涙、と警官は言った」を読んだ。 | トップページ | 新長田の鉄人28号を大丸の2階から見た。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ