« レモン牛乳を飲んだ。 | トップページ | コズミック・ジョーカーを読んでみた(その1) »

2011年9月22日 (木)

「六番目の小夜子」を読んだ。

こんな学生生活なかったなあ…とか思いながら読んだ。サヨコにまつわる学園伝説がある学校で、小夜子という名前の完璧すぎる美少女が転校してくるところから始まるお話。エコエコアザラクみたいな?とか思いながら読んでいったのだが、まあそういうのとは全然違いますが、それでも文化祭のところで劇を学校全員でやるところはぞっとしましたよ。

で、結局○○(一応、伏字)が全部の黒幕で、全部人為的なもの、でいいのか、それともやはり何か不思議なことがあるのか(犬の説明がつかない?)は最後まで微妙で、これが余韻を残していてなかなか面白かった。

« レモン牛乳を飲んだ。 | トップページ | コズミック・ジョーカーを読んでみた(その1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/51616506

この記事へのトラックバック一覧です: 「六番目の小夜子」を読んだ。:

« レモン牛乳を飲んだ。 | トップページ | コズミック・ジョーカーを読んでみた(その1) »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ