« 「月は幽咽のデバイス」を読んだ。 | トップページ | 和達三樹さんがお亡くなりに…ご冥福をお祈りします。 »

2011年9月15日 (木)

「脳男」を読んだ。

なんとなくダークマンを思い出した。内容は全然違いますが。あとは真賀田四季とか。

ピカレスク小説といえばそうかもしれないが、主人公が感情がないので逆にこちらがすごく複雑な感情になるようなお話です。なかなか面白かった。

シリーズでまだ続くようなので楽しみ。

« 「月は幽咽のデバイス」を読んだ。 | トップページ | 和達三樹さんがお亡くなりに…ご冥福をお祈りします。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/50537046

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳男」を読んだ。:

« 「月は幽咽のデバイス」を読んだ。 | トップページ | 和達三樹さんがお亡くなりに…ご冥福をお祈りします。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ