« 湯の花温泉を通りかかった。 | トップページ | 今年のイグノーベル賞も日本人チーム(わさびで警報)! »

2011年9月30日 (金)

「リベルタスの寓話」を読んだ。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの民族紛争については、いつか勉強しようと思ってそのままになっていた。島田さんの作品で一部勉強できるとはありがたい。(でもリベルタスのお話は創作だそうです)

4人が惨殺され、そのうち3人が首を斬られ、さらにそのうち1人がすべての臓器を取り去られ、かわりに飯盒の蓋、マウス、電球などを臓器に見立てて詰め込まれ、さらに心臓は本物を入れ物に入れて詰め込んであったという恐ろしい事件。やっぱり島田さんはこうでなくちゃ。でも御手洗さんは現場には一切こないで電話だけで解決してしまいます。JDCの鴉城 蒼司みたいになっていくな。

リベルタスの寓話(前篇)⇒クロアチア人の手⇒リベルタスの寓話(後編)という中編を間に挟んだ構成ですが、クロアチア人の手は…現代ではこういうこともできるというのはわかるんですが、うーむという感じ。

リベルタスの方は、MMORPGのRMTなど最近のお話と民族紛争がうまくかみ合った良作と思います。

« 湯の花温泉を通りかかった。 | トップページ | 今年のイグノーベル賞も日本人チーム(わさびで警報)! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52523162

この記事へのトラックバック一覧です: 「リベルタスの寓話」を読んだ。:

« 湯の花温泉を通りかかった。 | トップページ | 今年のイグノーベル賞も日本人チーム(わさびで警報)! »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ