« 「氷の華」を読んだ。 | トップページ | 「月は幽咽のデバイス」を読んだ。 »

2011年9月13日 (火)

「首無の如き祟るもの」を読んだ。

これは最近読んだミステリー系のお話の中でも抜群に面白かった!刀城さんシリーズ2作目だけれど、本人はほとんど出てきません。

舞台はいつものように、横溝正史に出てきそうな山奥の旧家をめぐるもの。次々と現れる首なし死体。過去の怪異の伝承との関係があるのか?

でトリックが面白いんですよ。なぜ首無にする必要があったのか?が新しい。その取り換えはありか!と最初思ったけど、最後の方に刀城さん(?)がフェアに解説してくれているのでまあありでしょう。

« 「氷の華」を読んだ。 | トップページ | 「月は幽咽のデバイス」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52406757

この記事へのトラックバック一覧です: 「首無の如き祟るもの」を読んだ。:

« 「氷の華」を読んだ。 | トップページ | 「月は幽咽のデバイス」を読んだ。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ