« 新長田の鉄人28号を大丸の2階から見た。 | トップページ | 「首無の如き祟るもの」を読んだ。 »

2011年9月12日 (月)

「氷の華」を読んだ。

自費出版から単行本になった、というなかなかない小説だそうで、だいぶ前から読もうと思っていたのをようやく読んだ。作者さんは元教諭ということで、なんとなく文体がそれっぽいような気がします。内容は、夫の不倫相手を殺したと思ったら、それは本当に不倫相手だったのか?というのがわからなくなって、、、誰が誰をだましているのかというのが途中までわからないのが面白い。

プロローグの意味も途中でわかるが、この人が一番かわいそう。

« 新長田の鉄人28号を大丸の2階から見た。 | トップページ | 「首無の如き祟るもの」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52356161

この記事へのトラックバック一覧です: 「氷の華」を読んだ。:

« 新長田の鉄人28号を大丸の2階から見た。 | トップページ | 「首無の如き祟るもの」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ