« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

「推理小説」を読んだ。

テレビドラマ化、映画化されていたのは知っていたのだが(「アンフェア」)、一回も観たことなかった。今回、原作の小説の方を読んでみた。

会社員・女子高生・編集者・女子大生が次々に殺される事件があり、手掛かりは「アンフェアなのは、誰か」と書かれている本の栞が現場に残されていることのみ。

そんな中、出版社に犯行を詳細に記載した原稿が届けられ、次の犯行を防ぎたければこの小説の続きを落札せよ、との要求が。

いわゆる本格物のミステリの要素、フェアであること、意外なトリックであること、犯人が嘘をつかないこと、などなどが話の根底にあってこれは小説という形態であるから面白い部分があるので、ドラマ化はたぶんだいぶ脚色したんじゃないだろか。

しかしこれはかなり面白かった。続編もあるので読んでみます。

2011年10月30日 (日)

「9<ナイン>~9番目の奇妙な人形」~を観た。

WOWOWでだいぶ前にやっていたのをようやく観た。

人間と機械が戦争をし、人間が滅んだ後の世界で、突然目覚めた麻布でできた人形の「9」。そばにはよくわからない記号が書かれた3分割された円形の物体が転がっていた。

外にでて同じく麻布人形の「2」と出逢い、おもちゃの赤ちゃんのスピーカーを内蔵してもらってようやくしゃべるようになるというシュールな展開。その「2」もビーストと呼ばれる機械動物にさらわれ、片目の「5」、リーダー格で臆病な「1」、ゴリラっぽい「8」、そしてピンチになるとあらわれる女戦士(?)の「7」などとであい、人間を滅ぼす原因となった「マシン」と闘うというお話。映像と雰囲気は抜群にいいです。

円形の物体は?、ソースと呼ばれるものの正体は?などいろいろありますが、最後のほうはちょっと尻すぼみ気味というか、、、

これもともと短編だったのを長編にしたということで、たぶん短編バージョンの方があっさりしていて名作じゃなかったろうか。

2011年10月29日 (土)

「Wドライヴ 院」を読んだ。

コズミック・ジョーカー・カーニバルを読んだ後なんで、ずいぶんおとなしい印象を持ってしまった。が、普通の感覚ではぶっとんでいるというかまた怒り出す人がいるかも。

Drive1とDrive2の2本からなり、読む順番で印象が変わるというお話。

Drive1は自分がどんどん分裂(物理的に)していくお話。

Drive2は学校で不幸のMEMOをいろんな人に回すお話。

どう関係が?思うが実は繋がっているという。

で今回の仕掛けは東大寺の西のなんとか院だそうですが、google mapでそれっぽい名前が出てこなかった。

2011年10月28日 (金)

「山魔の如き嗤うもの」を読んだ。

刀城さんシリーズも読むのは3作目。

神戸(ごうど)地方の奥戸で生じる連続殺人事件。その地方に伝わる六地蔵の歌の見立て殺人になっている。また連続殺人の前に、近隣の集落の成人参りの儀式で、この忌み山に紛れ込んだ東京の教師の恐ろしい体験との関係は?というお話。

犯人がわかったとき、あれ?「はじめに」でそんなこと書いてなかったじゃないか、と思って読み直すと「あ、本当だ」とわかる。

最初の方からにおわせることがすべて書いてあるからフェアでした。が、最後の最後でやはりホラーになります。。。こわい。

2011年10月27日 (木)

長田本庄軒のぼっかけ焼きそばを食べてきた。

西二見駅近くのイトーヨーカドーに入っている焼きそば屋さん。

ぼっかけ焼きそばとコーラで800円。

P9111163

うーん、普通だ。ぼっかけはいいけれど。オムそばにすりゃよかった。

P9111162

2011年10月26日 (水)

山陽電車で西二見駅へ。

山陽電車って乗ったの二回目くらい。

P9111164

でここから(続く)。

タンタンの冒険の原題はTintinだけど、、、

3Dでこれが動くならぜひ観に行きたいタンタン。

http://tintin-movie.jp/

原題はTintinですが、もちろん日本語(ローマ字読み)でチンチンとは読みません。

フランス語なんでin = アン(エン)に近い発音だそうです。Lupin the 3rd(ルパン三世)がルピンとは読まないし、Chopin(ショパン)がチョピンでないのと同じですね。

※日本向けに名前を変えたわけではない、とはいうものの、英語ではティンティンだろうなあ。

フランスの人と話していて気になるのは、Hを読まないこと!

Hamiltonian = アミルトニアン 

Harmonics  = アーモニクス

とか、何を言っているのか最初全くわからなかったという。

2011年10月25日 (火)

パラメータ26個で象の絵を描く。

ちょっと前にフォンノイマン(引用:フェルミ)の言葉に従って、

パラメータ4つで象の絵を描いたりパラメータ5つでその鼻を動かしたり

してみた。が、いまいち象っぽくない。

そこで、もうパラメータを26個くらい使って絵を描いてみよう。式はこちら。

x(t) = Σ[0,∞] Ax(k) * cos (k*t) + Bx(k) sin(k*t)

y(t) = Σ[0,∞] Ay(k) * cos (k*t) + By(k) sin(k*t)

参考にする象はもちろん、象の絵と言えば星の王子さまにでてくるものだろう。うわばみに飲み込まれた象(うろ覚え)。

Hoshizou

Elephant3

前回の4つのパラメータは

Elephant

だから、格段に象っぽくなった?尻尾もあるし。

パラメータはこちら。

n   An Bn
0 x -0.10579 0
0 y -0.05374 0
1 x -0.33962 0.103526
1 y 0.030392 0.127036
2 x -0.00785 -0.05623
2 y -0.07013 0.03184
3 x -0.01878 -0.01473
3 y -0.04162 -0.00909
4 x -0.02366 0.001222
4 y -0.04462 0.00323
5 x -0.00382 0.013212
5 y -0.03609 0.011032
6 x -0.00495 0.009821
6 y 0.020856 -0.00585
7 x -0.00078 0.004554
7 y 0.000328 0.004547
8 x -0.00594 0.00286
8 y 0.006183 -0.01538
9 x -0.01208 -0.00631
9 y -0.00639 0.006996
10 x -0.00762 0.008779
10 y 0.004962 -0.00543
11 x -0.00372 -0.0036
11 y 0 0

あと2個の眼の位置のパラメータあり。耳と牙は勘弁して…

2011年10月24日 (月)

明日香小学校の前で見たいかのおすし一人前

いかのおすし、てのは京都でも見たことがあるが、一人前もつくのか。

P9101155

いか・・・行かない

の・・・乗らない

お・・・大声でさけぶ

す・・・すぐ逃げる

し・・・知らせる

一人前・・・一人で遊ばない

だそうです。

西瓜の知らせ

でも

のしいか 雄

でもいいんじゃないか。

2011年10月23日 (日)

飛鳥を歩く(その6-飛鳥駅へ戻ってきた)

なかなか味のある地元の学生が作った像が飾ってありました。

P9101159

P9101160

P9101161

この日は30度越えの気温で結構疲れたけど、なかなかおもしろかった。

2011年10月22日 (土)

飛鳥を歩く(その5-その他雑多なもの)

いいハイキング日和で、いろんな石仏などもいっぱい見られた。とりあえず撮ったものをお蔵出し。

P9101128

P9101107

P9101109

P9101120

P9101157

2011年10月21日 (金)

飛鳥を歩く(その4-石舞台古墳)

このハイキングの一番の目的がここだ!

亀石は思っていたより小さかったが、ここはさすがに大きい。

P9101148

中にも入れる。

P9101138

P9101146

ただし、大人一人250円の入場料が必要です。

2011年10月20日 (木)

飛鳥を歩く(その3-亀石)

このハイキングの目的の一つ、亀石まで来た。

P9101123

うーん、小さいころ一度来たことがあるんだが、その時は超巨大だったイメージが。

まあ小さい子にすればでかいか。大人になると微妙なサイズ…

P9101127

2011年10月19日 (水)

飛鳥を歩く(その2-鬼の俎と鬼の雪隠)

まずは鬼の雪隠。

P9101111

P9101112

でこの真前に坂があるのですが、それが鬼の俎ではありません!

南都銀行の新人研修記念植樹とかありました。

P9101113

鬼の俎は数m上に行ったところすぐ。

P9101115

P9101116

では次行ってみよう(続く)。

2011年10月18日 (火)

飛鳥を歩く(その1-猿石)。

この前行った時は台風にかち合ってすぐ帰ってしまった。

今度は満を持して晴れの日にハイキングだ。飛鳥駅にハイキングコースの地図があり、基本そのルートで行ってみる。

味のある看板。

P9101099

吉備姫王墓らしい。

P9101100

P9101101

P9101102

でその上は欽明天皇陵。

P9101103

P9101104

入れないけど。。。では次行ってみよう(続く)。

2011年10月17日 (月)

近鉄飛鳥駅へ。

実はこの日、台風12号が来てる日で、大雨。なので、ここからハイキングに行こうとしたが中止ですぐに帰った(家を出る前に気付けよ!という話もあるが。。。)

でも駅は情緒あります。

P9041097

P9041098

2011年10月16日 (日)

ならファミリー屋上の展望台は結構穴場

大和西大寺駅から歩いてすぐのならファミリー。

屋上があるのを今回初めて知った。

P9041086

せんとくんもいます。

P9041087

いい眺め。

P9041090

P9041089

神社もありました。

P9041094

2011年10月15日 (土)

「連続殺人鬼カエル男」を読んだ。

タイトルがすごいので気になっていたのを今回読んでみた。かなり面白かった。

カエルをもてあそんで殺すかのような残忍な殺人事件が連続する。犯人は精神障害者ではないかと市民がパニックになり、データーベースを出せと暴動が起きるというリアルなお話。また刑法39条により、凶悪事件が心身喪失のために無罪になるお話とも絡め、考えさせられる。

で、似た名前の「ハサミ男」っぽい結末かな?と思ったらすこし似てるとこ(マスコミが名前を付けるから仕方ない)もあるが、黒幕はやっぱりあの人?と思った人でした。でも最後の2ページは全く予想してないどんでんがえしが。

2011年10月14日 (金)

「星降り山荘の殺人」を読んだ。

これは!やられた!だまされた!久しぶりにこんな感じを味わった。

最初読んだとき、犯人が明らかにされたときは「うそだ!23ページにそんなことかいてなかった!アンフェアだ!」と思ってもう一回読んだら、「あ!確かに!」という叙述系のトリックです。フェアでした。

フェアでしたが、これに気付ける人がいるのだろうか。

内容は、雪に閉ざされた山荘にスターウォッチャー、UFO研究家、作家、女子大生、悪徳不動産業者があつまり、不動産屋が殺されるという謎ときです。ぜひ他の作品も読んでみたい。

2011年10月13日 (木)

カーニバル(四輪の牛、五輪の書)を読んだ。

ようやく三日目で全部読み終えた。が、、、

いや、言いたいことはわかりますよ。おもしろいですよ、、、突っ込みながら読めば!

推理物だと思って読んでいたら怒り出す人もいるかもしれないというか、コズミックより絶対怒り出した人が多かっただろうという、、、

以下、怒り出しそうな人のためにネタバレ。。。

一応、解決するんですが、犯人が前回の松○芭○とかいうレベルじゃなくて、最初の人類だとか、オーバーテクノロジーが22世紀からとかあえておきて破りのようなことに。

私は面白いとは思うけど、ちょっとそれについてのいいわけみたいな文章が多すぎる!自信をもっていいわけなしでいいと思いました。

でも、もうこれ以上のスケールで描こうとすると、宇宙に飛び出すしかないな。銀河系とかビッグバンとか。いわゆるジャンプの「強い奴のインフレ」。

だからもうこういう方面では描けないような気が(全部チェックしているわけではないですが)

2011年10月12日 (水)

カーニバル(二輪の草、三輪の層)を読んだ。

一輪の花に続いて、二日目はこれを読んだ。

犯罪オリンピックが本格的に始まり、一日に400万人!が殺されていく。数十億人が殺される可能性が!こりゃ今までにない設定だわ。コズミックも1200人だったが、これは桁が違う。

否が応でも期待していく。

この2巻、3巻は世界の各地で不可能犯罪が起こり、地球上の物質でないどくろがおかれていく。刃さんの子供誘拐⇒ロシア逃避行、大阪城&スカイビル、ピラミッド、ナスカ、パリ、・・・などなど。

ここまで読んで、「一体これ、どうやって収拾付けるんだ?」と逆に不安になってきたのも事実。。。コズミックと同じネタじゃないのかなあとか。

さて続きを読んでみよう。

2011年10月11日 (火)

カーニバル(一輪の花)を読んだ。

全5巻、原稿用紙で5400枚という大作だったのだが、ちょっと前の台風でどこにも行けなかった3日間で一気に読んでしまった。ちなみにどこにも売ってなかったので、中古で全部揃えました。

まずは一巻目、一輪の花から。

犯罪オリンピックという言葉がwebなどに現れ出し、何か恐ろしいことが起きるのではと恐れる氷姫宮。天城の仲間の役間が麻薬で逮捕され、会見する鴉城さん。まあここまではたわいのない話で終わっていたのだが。

実際に刃さんが毒殺か?ということになったと思ったら、いきなりJDCビルが爆破!300人の探偵が死亡!鴉城さんも行方不明?ということで終わり。

なかなか興味をそそる続き方で続く。

2011年10月10日 (月)

さっきコピペ道場で出た直角三角形の面積のトリックは。。。

上と下が同じ図形のはずなのに、並びかえると一ます空いてしまうというもの。

http://p.twipple.jp/JUm4V

Copipe01

でもこれよくよく見ると赤と緑の三角形は、

Copipe02

相似じゃない。。。なので極端に描くと、

Copipe03

上はへこんでいて、下は膨らんでいて、その分が差になって出ているという。

では具体的に計算する。平行四辺形だが、外積を使って計算するのが簡単。

Copipe04

OA=(8,3,0)

OC=(5,2,0)

として、面積S=OA×OC = (0,0,8*2-3*5)=(0,0,1)

てことで平行四辺形の面積が1で、これが1ます空く原因。

似たような話でフィボナッチのパラドックスも。

http://sci.tea-nifty.com/blog/2009/02/post-f3b9.html

http://sci.tea-nifty.com/blog/2009/02/post-b115.html

がっつり亭のシステムがいつのまにか変わっていた。

ものすごく久々に本店に行ったのだが。。。

Pa091287

ご飯がお茶碗に山盛りでてくるシステムじゃなくて、お皿にご飯が盛られて、それがおかわり自由(カレーもあり)、またドリンク(このときはお茶、りんごジュース、オレンジジュース)、サラダ・お惣菜取り放題になっていた。


Pa091288

うーん、こういう食べ放題は実はあんまり好きじゃないのだ(取りに行くのがめんどくさい)。

でも私よりずっと食べる量が多い人にはいいかも。


Pa091289

嵐が出ているAUのCM曲がどっかで聞いたことあると思ったらシド・ヴィシャスが歌うマイウェイ

最初、どっかで聞いた曲だなあ、と思ったらあのMy wayで、誰がこんなパンクっぽくアレンジして歌ってるんだと思ったらSid Viciousでした(もちろん故人)!

http://www.au.kddi.com/mirai/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B9

2011年10月 9日 (日)

「交換殺人には向かない夜」を読んだ。

東川さんの作品を続けて読んでいこうと思う。これも鵜飼さん、流平くんがでるシリーズですが、なかなかの大ネタ。

画家の奥さんからの依頼で不倫調査として、山奥の豪邸に潜入捜査する鵜飼さんと朱美さん。その画家が不審な動きをして姿をくらませた。一方(まだ読んでないシリーズに出てきたお嬢様の)さくらさんと一緒に、さくらさんの親友の女優兼監督の水樹彩子さんと山荘に泊まることになった流平くんが隣の別荘で悪徳業者の死体を発見する。また一方、砂川警部、志木刑事と一緒に画家の奥さん?の殺人事件を捜査する女性、和泉刑事。これがいかにも交換殺人が起こったような状況で、さて、真相は?というもの。

でも最初の紳士服を受け取るところで、誰かはわからないけどたぶん叙述系だろうなと思いましたが、ここまで一緒(ネタバレだと三人とも)とは思いもしませんでした。

2011年10月 8日 (土)

「館島」を読んだ。

東川さんの作品を続けて読んだ。これは大型トリックですね。

天才建築家・十文字和臣が自身が作った六角形の館の螺旋階段で何故か墜落死(転落死でない)をした。そこから半年後、事件関係者が集められ、再度連続殺人が、、、というと重いテーマっぽいですが、コミカルな部分をふんだんに敷き詰めてあります。

作品内でも触れられている十角館の殺人へのオマージュか、と思いきや意外なトリックにびっくり。まあ散々見取り図とか、十文字とか、機械部品工業とかいってるし、後で見直すと納得。

2011年10月 7日 (金)

CEATEC2011に出展して、説明員として一日立ってきた。

さて、先日からいろいろおもちゃを買ってきたわけは、CEATEC2011でデモするためでした。

写真はいろいろ撮ったけれど、全部自分&会社の素性がわかるものなので文章だけで。

前日から乗り込みで、市川塩浜のホテルで一泊(安いだけあって超狭い)して、朝、京葉線で海浜幕張まで行きました。

田舎者の私としてはラッシュを怖がっていたんだが、そこそこすいていたので一安心。

幕張メッセにも、駅降りた人の大半が向かっていたのでついていっただけで、迷うことなし!

方向音痴の私にはありがたい。

で、10:00からスタート。17:00終了まで休んだのは昼休み(20分だけ…)にコロッケカレー(たしか750円)を食べただけでずっと立ちっぱなし。トイレも行かず…

一応、日経エレのweb(TechOn!)などに紹介されたのでまあ一安心か(探してみてください)。

そんなに人気があるブースじゃなかったけど、それでも80人くらいの方とお話したのでそれはそれでよかった。

初日(特別招待日)に来られる企業の人はいいんだけど、それ以降の一般招待日は明らかに趣味で電子工作をやってるような方も結構いましたね。そうとう年配の方が多かった。

すぐ近くのブースで、ある商品のデモで、商品とは全く関係ないが、わかりやすくするために音楽を流すということでアンプとスピーカーをつけたものをやっていたら、そういう年配の趣味人がD級アンプは、、、音質が、、、とかそればっかりしつこくやってきて、担当者はほとほと困り果てていた。いや、音楽はおまけなんですが、といいたかったろう。。。それもひとりふたりじゃなくて私が観察してたら5人くらい立て続けに。。。

私は結構、趣味のオーディオ工作の一部の人(あくまで一部ですよ!)には否定的(科学的な設計じゃない)なんで。。。

うちのブースも似たようなことがあったけど、まあそれなりに年季の入った私は軽く対応しました。前日は若い人に立ってもらったんだけど、結構しどろもどろになってたそうなので。

あと若い大学生(特に女の子)に説明ができてうれしかったのは内緒だ!

終わったらすぐ宴会で、1時間でビール6杯飲んで帰ってきました。

疲れた。。。

2011年10月 6日 (木)

ものすごく久しぶりにトミカを買った。

自分用でなくて、展示会につかうんですが。これを会社の経費で資材経由で買うとめんどくさすぎるから自腹で買いました。

P8211059

2011年10月 5日 (水)

nintendo 3DSを遅ればせながら購入

全く買う気はなかったのだが、展示会に使うおもちゃを買いに行ったついでに衝動買いしてしまった。

P8211056

P8211057

P8211058

充電台がついてくるんですね。

で、3Dはくらくらしそうだけど確かに飛び出して見えるわ。音も擬似サラウンドだし。なるほど。DSi LL持っているけど別もんだね、これは。

2011年10月 4日 (火)

パラメータ5つで象の鼻が動くか本当に確かめた人がいた。Excelでやってみた。

昨日の続き。

昨日はパラメータ4つで象の絵を描いた。次は5つめで鼻が動くか?

文献は、

“Drawing an elephant with four complex parameters” by Jurgen Mayer, Khaled Khairy, and Jonathon Howard, Am. J. Phys. 78, 648 (2010), DOI:10.1119/1.3254017.

で、論文はこちら。

http://java-srv1.mpi-cbg.de/publications/getDocument.html?id=ff8080812daff75c012dc1b7bc10000c

x(t) = Σ[0,∞] Ax(k) * cos (k*t) + Bx(k) sin(k*t)

y(t) = Σ[0,∞] Ay(k) * cos (k*t) + By(k) sin(k*t)

wiggle coefficient = 40

てことでx=40で鼻を動かしてみた。

Elephant2

微妙…

2011年10月 3日 (月)

パラメータ4つで象を描くというのを本当にやった人がいた!Excelで確認。

フェルミがフォン・ノイマンのお話として、「パラメータが4つあれば象が描けるし、5つあればその鼻を動かせる。」と語ったという話は有名ですが、

http://sci.tea-nifty.com/blog/2008/07/post_3a84.html

本当に確かめた人がいた!しかも2010年に!

“Drawing an elephant with four complex parameters” by Jurgen Mayer, Khaled Khairy, and Jonathon Howard, Am. J. Phys. 78, 648 (2010), DOI:10.1119/1.3254017.

で、論文はこちら。

http://java-srv1.mpi-cbg.de/publications/getDocument.html?id=ff8080812daff75c012dc1b7bc10000c

x(t) = Σ[0,∞] Ax(k) * cos (k*t) + Bx(k) sin(k*t)

y(t) = Σ[0,∞] Ay(k) * cos (k*t) + By(k) sin(k*t)

というフーリエ級数の式に、4つの複素パラメータとして論文の値を入れたもの(ただ、私がやったら90度回転した絵になったが。)

Excelで計算した結果がこれ。

Elephant

(ただし眼は別パラメータ)

うーん、象か、、、見えなくもないけどなあ。

しかしこれが2010年の論文とは、、、ノイマン恐るべし。

2011年10月 2日 (日)

「かっこいい犬」をExcelで描いてみる。

久しぶりに衝撃を受けた田辺誠一さんの「かっこいい犬」。

http://matome.naver.jp/odai/2131710355328414701

自分でも描きたいと思ったが、田辺さんよりさらに絵心がないためここは一点一点データを手で取って、Excelで描いてみよう。

Photo

手で取ったのでがたがたしているのはご愛敬。

ファイルはこっち。

「GoodLookingDog.xlsx」をダウンロード

さて、昔フェルミがフォン・ノイマンの言葉としてパラメータ5つで象の絵を描いて、その鼻を動かせるという話をしたそうですが、

http://sci.tea-nifty.com/blog/2008/07/post_3a84.html

このカッコイイ犬もいつかパラメータ5つで動かしてみたい。

2011年10月 1日 (土)

「密室の鍵貸します」を読んだ。

評判の良い東川さんの作品は一度読んでみたかったのだが、ようやく読めた。まずは第一作目の「密室の鍵貸します」から。

元恋人が背中を刺されてマンションから突き落とされて死亡した戸村くん。その同時刻に一緒にいて映画を見ていた映画製作会社の先輩もいつの間にか浴室で死亡。さて真相は?という本格的なミステリーと、コミカルな文体が一緒になって非常におもしろかったです。動機が気持ち悪いけど。。。

たよりになるんだかならないんだかわからない鵜飼探偵と砂川警部の対比も面白い。探偵がルノーにのっちゃだめだわな。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ