« カーニバル(一輪の花)を読んだ。 | トップページ | カーニバル(四輪の牛、五輪の書)を読んだ。 »

2011年10月12日 (水)

カーニバル(二輪の草、三輪の層)を読んだ。

一輪の花に続いて、二日目はこれを読んだ。

犯罪オリンピックが本格的に始まり、一日に400万人!が殺されていく。数十億人が殺される可能性が!こりゃ今までにない設定だわ。コズミックも1200人だったが、これは桁が違う。

否が応でも期待していく。

この2巻、3巻は世界の各地で不可能犯罪が起こり、地球上の物質でないどくろがおかれていく。刃さんの子供誘拐⇒ロシア逃避行、大阪城&スカイビル、ピラミッド、ナスカ、パリ、・・・などなど。

ここまで読んで、「一体これ、どうやって収拾付けるんだ?」と逆に不安になってきたのも事実。。。コズミックと同じネタじゃないのかなあとか。

さて続きを読んでみよう。

« カーニバル(一輪の花)を読んだ。 | トップページ | カーニバル(四輪の牛、五輪の書)を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52640046

この記事へのトラックバック一覧です: カーニバル(二輪の草、三輪の層)を読んだ。:

« カーニバル(一輪の花)を読んだ。 | トップページ | カーニバル(四輪の牛、五輪の書)を読んだ。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ