« 「9<ナイン>~9番目の奇妙な人形」~を観た。 | トップページ | 「バイバイ、エンジェル」を読んだ。 »

2011年10月31日 (月)

「推理小説」を読んだ。

テレビドラマ化、映画化されていたのは知っていたのだが(「アンフェア」)、一回も観たことなかった。今回、原作の小説の方を読んでみた。

会社員・女子高生・編集者・女子大生が次々に殺される事件があり、手掛かりは「アンフェアなのは、誰か」と書かれている本の栞が現場に残されていることのみ。

そんな中、出版社に犯行を詳細に記載した原稿が届けられ、次の犯行を防ぎたければこの小説の続きを落札せよ、との要求が。

いわゆる本格物のミステリの要素、フェアであること、意外なトリックであること、犯人が嘘をつかないこと、などなどが話の根底にあってこれは小説という形態であるから面白い部分があるので、ドラマ化はたぶんだいぶ脚色したんじゃないだろか。

しかしこれはかなり面白かった。続編もあるので読んでみます。

« 「9<ナイン>~9番目の奇妙な人形」~を観た。 | トップページ | 「バイバイ、エンジェル」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52775045

この記事へのトラックバック一覧です: 「推理小説」を読んだ。:

« 「9<ナイン>~9番目の奇妙な人形」~を観た。 | トップページ | 「バイバイ、エンジェル」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ