« 新幹線の中に閉じ込められ中@名古屋 | トップページ | 「スイス時計の謎」を読んだ。 »

2011年11月 9日 (水)

「天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記(1)」を読んだ。

ちょっと前から書店で大々的に平積みされていて、気になっていたのを今回読んでみた。

トキワ荘のように小説家志望者の憧れ、幸福荘。大御所の小宮山さんが手塚治虫さんのように若手の面倒を見てくれるという。そこに1枚のフロッピーに次々と連作のように幸福荘を舞台にした殺人?事件などが書き込まれていく。話の中心は美しい南野はるか。一体これは小説なのか、本当なのか、わからなくなっていく。

もしかしたら管理人の名前がすみかわ(あえて漢字でかかない)であるとわかった人もいる?

« 新幹線の中に閉じ込められ中@名古屋 | トップページ | 「スイス時計の謎」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52540501

この記事へのトラックバック一覧です: 「天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記(1)」を読んだ。:

« 新幹線の中に閉じ込められ中@名古屋 | トップページ | 「スイス時計の謎」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ