« 映画「電人ザボーガー」を観てきた。面白かった! | トップページ | 「オーデュボンの祈り」を読んだ。 »

2011年11月14日 (月)

「密室に向かって撃て!」を読んだ。

おなじみ、烏賊川市シリーズ。今回は砂川警部と志木刑事の失態で、改造拳銃が何者かに持ち去られてしまうところからスタート。8発入り拳銃で、それがどのタイミングで何発撃たれたかを推理する本格物、でもやっぱりコメディ風味は多く含まれています。

ホームレス射殺を皮切りに、名門十乗寺家の屋敷で娘・さくらの花婿候補三人のうち一人が射殺され、使用人も腕を撃たれ、我らが探偵、鵜飼さんも足にかすり傷を受け、犯人を特定するにはどうしても弾の数・タイミングがおかしい、、、というところで鵜飼さんの推理がさえる。

なぜかさくらに好かれる流平と、恥じらうと狂暴になるさくらが面白い。

« 映画「電人ザボーガー」を観てきた。面白かった! | トップページ | 「オーデュボンの祈り」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/52890577

この記事へのトラックバック一覧です: 「密室に向かって撃て!」を読んだ。:

« 映画「電人ザボーガー」を観てきた。面白かった! | トップページ | 「オーデュボンの祈り」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ