« 「完全犯罪に猫は何匹必要か?」を読んだ。 | トップページ | 開票率0.3%、得票数2000対2000で当選確実って何? »

2011年11月27日 (日)

「迷宮」(清水義範)を読んだ。

記憶をなくした男が、治療師からOLが自宅アパートで猟奇的に殺される事件の資料を読まされていく。最初は犯罪記録、次に週刊誌報道、手記、取材記録、手紙、供述調書など、、、その記憶をなくした男は犯人、井口なのか、また治療師は小説家で事件を取材していた中澤なのか、、、というのを一気に文章で読ませる。

で、たぶんこれは2回読まないとラスト数行の意味がわからないような気がします。非常に変わった形態のミステリー物ですが、なかなか面白かった。

« 「完全犯罪に猫は何匹必要か?」を読んだ。 | トップページ | 開票率0.3%、得票数2000対2000で当選確実って何? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53005894

この記事へのトラックバック一覧です: 「迷宮」(清水義範)を読んだ。:

« 「完全犯罪に猫は何匹必要か?」を読んだ。 | トップページ | 開票率0.3%、得票数2000対2000で当選確実って何? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ