« 「プランク・ダイブ」を読んだ。 | トップページ | 「暗い宿」を読んだ。 »

2011年12月18日 (日)

「謎解きの醍醐味 ベストミステリー短編集」(鮎川哲也)を読んだ。

鮎川さんの短編集。ずいぶん前の作品ばかりですが、時代性よりもやっぱりミステリーの面白さが際立っています。

美人の奥さんを貰った男が、なぜか別の女性と心中して、、、という「離魂病患者」、

小説家が旅行先で自殺して、、、という「夜の断崖」。これはさすがに時代を感じさせた。

足跡のトリックを解く「矛盾した足跡」は純粋に謎解きが面白かった。あと今なら自炊で犯罪にもならない?「プラスチックの塔」、旦那さんがかわいそうな「塗りつぶされたページ」、「緑色の扉」、「霧笛」に加え、エッセイが入ったお得な文庫です。

« 「プランク・ダイブ」を読んだ。 | トップページ | 「暗い宿」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53120166

この記事へのトラックバック一覧です: 「謎解きの醍醐味 ベストミステリー短編集」(鮎川哲也)を読んだ。:

« 「プランク・ダイブ」を読んだ。 | トップページ | 「暗い宿」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ