« 博多みやげはやまやのめんたい(くずれっ子) | トップページ | 「学ばない探偵たちの学園」を読んだ。 »

2011年12月27日 (火)

「ちーちゃんは悠久の向こう」を読んだ。

日日日と書いてあきらと読む作家さんのデビュー作。この当時高校生だったらしい。それだけですごいと思うな。

オカルト好きな幼馴染、ちーちゃんと、その隣のアパートに住むモンちゃん。たわいのない日常のはずが、ちーちゃんが学園の七不思議、苔地蔵と出会ったことで崩れ始める、、、ちーちゃんが幽霊を見たがるのが不思議というか壊れていく理由がわからん。逆に悠斗ならわかるんだけどな。日常が壊れているから非日常を見たがるとか。

で唐突に終わりを迎えてしまいます。必ずしもバッドエンドじゃない、余韻を残す終わり方でした。しかしこれ映画化したのはすごいな、というか全然違う話になったらしいが。

« 博多みやげはやまやのめんたい(くずれっ子) | トップページ | 「学ばない探偵たちの学園」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53161021

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちーちゃんは悠久の向こう」を読んだ。:

« 博多みやげはやまやのめんたい(くずれっ子) | トップページ | 「学ばない探偵たちの学園」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ