« 2012年の初詣(その4 八坂神社) | トップページ | 映画「リアル・スティール」を観てきた。 »

2012年1月10日 (火)

「Another」(綾辻行人)を読んだ。

綾辻さんの館シリーズの大ファンで、最近「奇面館の殺人」が出たばかりでうれしいのだが、まずはこちら、Anotherを読んでみた。アニメも今月から始まったそうです。

夜見山中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、クラスの雰囲気が何かに脅えているような違和感を覚える。眼帯をした美少女、ミサキ・メイ(ということでどうしても綾波レイっぽいのは仕方ない)に対するクラスの態度がおかしいことに気付き、、、そこから三年三組にかかわる人間が次々に死んでいく、、、

「六番目の小夜子」をどうしても思い起こさせる学校の7不思議をベースにしたようなお話ですが、実は!ホラーはいうまでもなく、ミステリーでした。

推理小説で使われる手法、さらにいうと綾辻さんのデビュー作、「十角館の殺人」で使ったのと同じ手法(これは叙述トリックというかなんというか、、、)があって驚き!!!!

確かに!九官鳥が最大のヒントでした。確かにおかしいと思ったんだよな。

あー、全然気付かなかった。。。

でも叙述トリックはアニメ(というか映像)で無理だよな、、、全然別の話になるのかな?

*声優さんが同じかどうか調べてしまった。名字が主人公と同じで、もしや「魔人ドルゲの正体:???」と同じ方式か?と、、、紛らわしい。

http://www.another-anime.jp/character/

これを読んで綾辻さんに興味を持った方は、その十角館の殺人や時計館の殺人も読んでみてほしい。萌え女の子はでないけど、、、

« 2012年の初詣(その4 八坂神社) | トップページ | 映画「リアル・スティール」を観てきた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

アニメ見てませんが、アニメで叙述トリックどうやるのかな?声優さんも違うし、、、とか書いていたらなんと、声優さんを使った叙述トリックらしい。凝ってるなあ。これは新しい。少なくとも私は初めてみる。ドルゲ方式もあながち嘘じゃなかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53687771

この記事へのトラックバック一覧です: 「Another」(綾辻行人)を読んだ。:

« 2012年の初詣(その4 八坂神社) | トップページ | 映画「リアル・スティール」を観てきた。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ