« さっきから爆笑ヒットパレード2012のジングルに使われているのはキック・アスでも使われたBanana Splitsだよね。 | トップページ | 「空中ブランコ」を読んだ。 »

2012年1月 2日 (月)

「メルカトルと美袋のための殺人」を読んだ。

もう「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」を読んだ後なんでこのあとメルカトルがどうなるか知っているわけですが、それゆえメルカトルがめちゃくちゃ憎たらしく書かれていて面白い。

その憎たらしいメルカトルの事件を作家の美袋(みなぎ)が記述していく短編集になっています。最初の「遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる」が一番面白かったかな。なぜ美袋が被害者に恋をしたり、殺人があったことを知ったのかがいい)。あとはメルカトルが無茶苦茶な推理小説をかく「ノスタルジア」とか。超不親切な叙述トリック。

あと「化粧した男の冒険」、「小人閑居為不善」、「水難」、「彷徨える美袋」、「シベリア特急西へ」が集録されています。

« さっきから爆笑ヒットパレード2012のジングルに使われているのはキック・アスでも使われたBanana Splitsだよね。 | トップページ | 「空中ブランコ」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53204244

この記事へのトラックバック一覧です: 「メルカトルと美袋のための殺人」を読んだ。:

« さっきから爆笑ヒットパレード2012のジングルに使われているのはキック・アスでも使われたBanana Splitsだよね。 | トップページ | 「空中ブランコ」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ