« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

今日は閏月か!

閏秒ってのもあるのだが、、、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8F%E7%A7%92

これ、本当に人為的に足したり引いたりしてるんですね。しかも、地球の自転速度が変わっていっているということで将来破たんするかも?と。まあ、私はそのころには生きてないでしょうが。

2012年2月28日 (火)

磁石と白金でモノポールが、というプレスリリースがあったが、無茶苦茶。

Diracやt'Hooftとは全く関係ない、、、orz

http://gigazine.net/news/20120227-magnetic-monopole/

http://jpsj.ipap.jp/link?JPSJ/81/033705/

スピンのダンピングが起きるような構造を作り、有効電場と有効磁場をうまく定義すると、あたかもMaxwell方程式にモノポールがあるような式にまとめられる、、、ということにしか見えません、、、物理現象としてモノポールが出てきているわけではない。トポロジカルなお話でもない、、、

とはいえ、これはプレスリリースが悪くて、実際は真面目な研究だとは思いますが。がんばってほしいです。

まあ、本当に見つかったら”Journal of the Physical Society of Japan”には出さないよなあ、、、PRLでもNatureでもScienceでもなんでも出し放題。

ちょっと前にもパイロクロア構造で似たような話がありましたが、みんな忘れてる?

https://nanonet.nims.go.jp/modules/news/article.php?a_id=676

モノポールはそんなに簡単に見つかるもんではないでございます。

ただ、この手ので唯一すごいなあ、と思ったのはグラフェンでディラック方程式が出てくるところですよ。

アリオ鳳に、自由軒で名物カレーを食べるためだけに行ってきた。

フードコートにあるのかと思ったら、ちょっと違ってフードコートに隣接のちょっと小さめのお店でした。特盛 1000円は卵2個入り。食べたあとしばらくして汗かいた。スパイスは実は結構効いているかも知れない。

しかし見てたら名物カレー頼む人より百年カレーを頼む人のほうが多し。

P1010239

P1010240

P1010238





2012年2月27日 (月)

鳳駅から商店街をぶらぶら。

さてここから(さらに続く)。

P1010243


P1010242

P1010241


2012年2月26日 (日)

2/26の仮面ライダーフォーゼは「ファイトクラブ」そのまま。

久しぶりに早起きしてテレビをつけたら!いきなりファイトクラブだ!

って何のことかをいうと完全ネタばれになる、、、あのシャドー殴り合いですよ。

ファイトクラブはですね、私がアメリカに住みはじめた時に何の予備知識もなく(英語も半分くらいしかわからず)見て、かなり衝撃をうけた映画で思い入れがある。

JR鳳駅で下車。

久々にここで降りた。で行先は(続く)。

P1010244

2012年2月25日 (土)

「ゼロの頂点 season2」のCMソングは「シェルブールの雨傘」ですね。

前シーズン?の記者編も面白かったけれど、今回はファッション業界編か!

http://www.zeronochoten.com/

で、前のCMソングはトムジョーンズの”Love me tonight”でしたが、

http://sci.tea-nifty.com/blog/2011/08/love-me-tonight.html

今回は、シェルブールの雨傘だ!

これを思い出すのに、慕情→シバの女王→ひまわり→ポールモーリア→エーゲ海の真珠→・・・・と連想ゲームで10個くらい検索してようやく見つけ出した。

2012年2月24日 (金)

「町長選挙」を読んだ。

精神科医、伊良部シリーズも第三段。いつものようにiPod touchで電子ブックとして読んだ。いつものように面白い!伊良部さんは問題しか起こしてないけどなぜか登場人物を癒してしまいます。

今回ははっきり登場人物のモデルが分かる構成。

・「オーナー」はナベツネ

・「アンポンマン」はホリエモン

ですが、実際の人物と違って最後はいい人になってしまいます。

・「カリスマ稼業」は黒木瞳さん

 でマユミがいつもの3倍くらいしゃべります。

で、表題作の「町長選挙」。うちの地元も田舎だから身につまされたり。初めて伊良部さん出張編です。ラストに含みを持たせるのもよかった。

ぜひ次も読みたい。

2012年2月23日 (木)

「重力ピエロ」を読んだ。

弟のハルの出生にまつわるくだりを何かで読んだだけでつらくなって読むのを躊躇していたのだが、今回読んでみた。

兄の泉水(イズミ)は遺伝子調査に関する会社で働いているが、街の落書きを消す商売をしている弟の春(ハル)から、連続放火事件が起きるときには必ずそのそばにグラフィティアートが書かれていると知らされる。その絵には謎の言葉、God Can Talk, ...が。

非常に面白い設定。謎の言葉は、実は私も理系なんでわかっちゃった。けどそれと話の筋とは関係なく面白い。

伊坂さんの登場人物は感情移入できるハルとイズミ(必ずしも善人じゃない)と、悪人(こっちははっきり悪人)がくっきりしていて、最後のほうはさわやかな気持ちになれる。伏線の張り方もいつものようにいいです。今回は特に出だし(春が二階から落ちてきた)とラスト(これは書かないが)がよかった。

2012年2月22日 (水)

子供には一瞬でわかるが、大人、特に教育を受けた人ほど出来ない問題。

ってのが出てました。”この問題は小学生以下なら5~10分で解けるけれど、プログラマーなら1時間、より高度な教育を受けた人なら、、、まあやってみて。”

8809=6
7111=0
2172=0
6666=4
1111=0
3213=0
7662=2
9313=1
0000=4
2222=0
3333=0
5555=0
8193=3
8096=5
7777=0
9999=4
7756=1
6855=3
9881=5
5531=0
2581=?

私は、、、10分くらいかかった。微妙、というか中途半端。

↓以下答え(反転で)

数字としてみないで図形として見た○の数ですね。

反転終わり。

あの柔らかいナリッ、が本当にあった。

よく見るコピペ、

44 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/08/18(金) 21:56:35.15 ID:xxGUtneU0
よく行くファミマで主人と2人で買い物をしていたら、主人が小声で

「柔らかいナリ!柔らかいナリッ!」と必死でコロスケのマネをしていた。
「はぁ?何が柔らかいの?」と聞くのに「柔らかいナリ!」と何度もしつこいので、
「だから!何が柔らかいのか聞いてるのに!!
と大声を出してしまった。
コンビニが一瞬にして静まりかえり焦る私に半ベソで主人は「柔らかいナリ。」と商品を手渡した。
良く見ると「やわらか いなり寿司」と書いてあった…。

----が本当にありました。

P1010361

2012年2月21日 (火)

「白い兎が逃げる」を読んだ。

4編の中短編集です。

「不在の証明」・・・双子もの+時刻表アリバイもの。不在「の」証明というところが面白い。

「地下室の処刑」・・・なんという動機だ、けど今ならあるかも、という。あとがきにも書いてあるけど、法月さんのある小説を少しだけ思い出した。

「比類のない神々しいような瞬間」・・・好きだからこそクイーン批判なのかな?でも最後の最後のなぞ解きは、、、まったく知らなかった。 しかーーし、一つだけ文句が。阪急は長岡京市駅じゃなくて、長岡天神駅です!

「白い兎が逃げる」・・・ストーカー被害に悩む劇団の看板女優。そのストーカーが小学校で殺され、、、これも時刻表アリバイもの。でも結構私も乗る電車なので、ちょっと調べてしまった。

2012年2月20日 (月)

Eulerの定理(数論)をkeisan.casio.jpにUP!

昨日、Eulerのφ関数を作ったので、さっそく試してみた。

リンクはこちら↓

オイラーの定理(数論)

説明は、

フェルマーの小定理の拡張である、Eulerの定理を確認します。aとnが互いに素な正の整数としたとき、
a^φ(n) ≡ 1 (mod n) が成り立ちます。ここでφ(n)はオイラーのφ関数です。

試してみる。

a=7,n=8としておくと

φ(n)= 4

7^4 = 2401で、これは8で割るとあまり1。

なるほど。

 

2012年2月19日 (日)

auのCMのBGMは「幸福を売る男”Le Marchand de bonheur”」だそうです。

剛力彩芽ちゃん、伊勢谷友介くん、そして星飛雄馬が出ているCMのBGMは昔のシャンソン、”Le Marchand de bonheur”(幸福を売る男)だそうですよ。

日本でも越路吹雪さん、芦野 宏さんがカバー。

芦野さんは2012/2/4というほんとに最近お亡くなりになったそうです、、、ご冥福をお祈りします。

Eulerのφ関数をkeisan.casio.jpにUP.

説明は:

Eulerのφ関数(Euler's totient function)は、k=1,2,3,...,xのうち、xと互いに素(最大公約数が1)なものの個数である。
例えばx=7のとき、k=1,2,3,4,5,6,7と素なのは1,2,3,4,5,6なのでφ(7)=6, x=6のときは1,5なのでφ(6)=2。

参考:C言語による最新アルゴリズム事典(奥村晴彦著)

リンクはこちら。

オイラーのφ関数

さて、なぜこれを作ったかというと、フェルマーの小定理の拡張(オイラーの定理)の計算を試すため。

aとnが互いに素な整数のときこのφ関数を使って

aφ(n) ≡1 (mod n)

と書けるというのがある。

面白い応用があって、

例えば7^2012の下2桁を求めたいとします。mod 100でのあまりを見ればいいってことで、

φ(100)=40 (これを求めたいがためだけに計算式を作った)

7^40 ≡ 1 (mod 100)

2012=40*50+12なので、

7^2012 = 7^12 * (7^40)^50 だから

7^12を100で割ったあまり。

7^12 ≡ 1 (mod 100)

なので下2桁は01.

2012年2月18日 (土)

「プラ・バロック」を読んだ。

これはかなり新しい感じの小説で面白かった。帯の警察小説の超新星、というのとはちょっと違うけれど、最初は近未来SFとして描いていたが実はもう現実にできることが分かって警察小説に切り替えた、というほうがぴったりする。

なんといっても、コンテナに冷凍された14人の男女の死体が発見されるという驚愕の始まりからぐいぐい引き込まれる。すごいプロットだ!で、仮想空間と現実のつながり、自殺した人々の記念碑になりたい、遺書はどういうことか、また謎のテキストデータは記念碑とどう関係するのか、とさらに引き込まれる。

でとびきりの悪意をもつ人物が現れるのですが、最後は、、、ちょっと不完全燃焼な終わり方ですがでも続編があるということでこれも楽しみ。

2012年2月17日 (金)

「殺人鬼フジコの衝動」を読んだ。

この帯についていた紹介は絶対おかしい。「あとがきまでが物語です」って書いてあるが、そんなの当たり前というか、まえがきが作者からではなく、作中の作者からなのであとがきもそれにきまっているというか、こんな書き方したら内容わかっちゃうだろう。強いて言うと「あとがきの後のページまでが物語」ならぎりぎりセーフ?三津田信三さんに同じプロットはありましたが。

。。。という作品に関係ない帯に文句を言ってもしょうがない。内容は面白かったです。藤子さんが不幸で、、、最初は叙述トリックなのかと思ったが、序章はそうともとれるし、そうでないとも。真犯人というか、黒幕はわりとわかりやすい(なんでこんなところにタイミングよく現れるの?という)ですが、それでもやっぱり殺人を繰り返すのはつらいな。

2012年2月16日 (木)

衝撃!ルジャンドルの肖像画は偽物、、、足利尊氏だと思っていた絵が騎馬武者像と言われた以来の衝撃。

https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/u6p7RYfdVr

によると、

”米ミシガン大の研究者が2009年、米数学会報に発表した論文によると、ルジャンドルに関するあらゆる本に載っている彼の肖像は全く別の政治家のものだったのだ。

もともとルジャンドルの私生活はよくわかっていなかったため、約200年間、姓が同じ別人と混同されていたらしい。筆者のデュレン博士は「長い間、こんなひどい間違いに誰も気付かなかったとは信じがたい」と書いている。

誤差に詳しかったルジャンドルとしては、公式の肖像画を残しておかなかったのが誤算だったのかもしれない。

・・・

これは

K_img_render


この絵が足利尊氏じゃないかも、と言われた以来の衝撃だ。

http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000551111010001

「浜村渚の計算ノート 2さつめ ふしぎの国の期末テスト」を読んだ。

1さつめも感じがよかったので2さつめも読んでみた。しかし数学を義務教育から外す政府はやはり許せんな。ドクターピタゴラスの方に私もつきたい。

でそれはそうとして、2さつめの方がお話は面白かった。いつものように章番号の付け方が数式になっていて、 log10=1, log100=2, log1000=3,,,などなど

log10はルービックキューブのお話。最小の手数がここでは20か21手となってますが、実は!これ本当に最近になって決着がつきました。

http://cube20.org/

20手です。

log 100は楡小路ルイ登場。数学にこうやってみんなも興味を持っていってほしいなあと私も思います。でもあの小切手って本当に有効?(というか本当は日本なら漢数字、海外なら言葉で書くはず?)

log 1000は、7がなんで不吉かという、、、これ昔聞いたことあったなあ。

log 10000はうって変わってメルヘンなのかなんなのか。でもBSD予想が出てくる小説を初めて見たよ。これ証明すると100万ドルです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%A0%E6%87%B8%E8%B3%9E%E5%95%8F%E9%A1%8C

2012年2月15日 (水)

ロトカ・ヴォルテラ方程式をkeisan.casio.jpにUP!

最近久しぶりに立て続けに自作式をUPしている。自作式ランキングを集計したり、カシオのサイトさんはみんなに作ってもらいたがっている(というかネタ切れ?)みたいなので。まあ私もネタ切れだが、ここらでわかりやすいやつを一つ。

----

アドリア海でのサメと魚の個体の増減を検討するのに使われたLotka-Volterra方程式を計算します。
x:被食者、y:捕食者、t:時間として
dx/dt =  A*x - B*x*y
dy/dt= - C*y + D*x*y
(A,B,C,Dはパラメータ)
をルンゲクッタ4次で計算しています。

ロトカ・ヴォルテラ方程式(被食者-捕食者の個体増減)

Lotka

2012年2月14日 (火)

「死ねばいいのに」(京極夏彦)を読んだ。

こんな日にこんなタイトルの本を読んだ話を書くのもどうかと思うが、ipodの電子書籍で読んでみた。殺された女性(アサミ)のことを生前、関係のあった人間に一人ずつ会ってどんな人間だったかを聞いていく健也。自分は4回しかあっていないという。不倫相手、愛人のやくざ、隣人の女性、母親など、誰もアサミのことよりも自分がいかに不幸かを語り、健也は彼らにじゃあ - 死ねばいいのに - と言い放つ。

アサミは他人から見ると大変不幸な人間だったのだが、自分は幸せだという。一体そのアサミを殺したのは誰か、、、というところで驚愕の展開が(まあわかるけど、動機が難しいねえ)。

2012年2月13日 (月)

"円の弧長,弦長,矢高,半径のどれか2つを与えて残りを計算"をkeisan.casio.jpにUP!

こういう計算について、このブログに検索されてくる方多いんですよね。カシオの高精度計算サイトの自作式にも何種類か上げてますが、そこのヒット数も結構あるということでこの際、全部まとめて一つの式にしました。

内容は、

”弧長(円弧の長さ)L、弦長d、矢高(円弧の高さ)h、半径rのどれか2つに値を
入力して、残りの2つを0と入力すると、その残りの2つおよび中心角を計算します。
L=r*θ, d=2*r*sin(θ/2), h=r*(1-cos(θ/2))を用い、ニュートン・ラフソン法で
計算しています。

リンクはこちら↓

円の弧長,弦長,矢高,半径のどれか2つを与えて残りを計算

Circle

半径を入力するものはニュートン法じゃなくて単なる逆三角関数で計算できますが。

ニュートン・ラフソン法の説明はこちら

では自作式の中身も公開。keisan.casio.jpで公開してもいいけどこちらのブログを見てくれた方のみに公開しましょう。

「circle_calc.txt」をダウンロード

L=弧長;
d=弦長;
h=矢高;
r=半径;

if (L<>0 and h<>0 and d==0 and r==0) {
    /* 円弧の長さと矢高から弦長 */

    a=2.*h/L;
    x=1.0;
    for (j=0;j<=20;j=j+1) {
        x=x-(-a*x*x+x*(1.-cos(x)))/(x*sin(x)-1.+cos(x));
    }
    th=2*x;
    r=L/th;
    d=2.*r*sin(x);

} elseif (L<>0 and d<>0 and h==0 and r==0) {
    /* 円弧の長さと弦長から矢高 */

    c=d/L;
    x=1.0;
    for (j=0;j<=20;j=j+1) {
        x=x-((x*sin(x)-c*x*x)/(x*cos(x)-sin(x)));
    }
    th=2*x;
    r=L/th;
    h=r*(1.-cos(th/2.));

} elseif (L==0 and d<>0 and h<>0 and r==0) {
    /* 弦長と矢高から円弧 */

    a=h/d;
    x=1.0;
    for (j=0;j<=20;j=j+1) {
        f=(1.-cos(x))/(2.*sin(x)) - a;
        fd = (1.-cos(x))/(2.*sin(x)*sin(x));
        x=x-f/fd;
    }
    th=2*x;
    r=d/(2.*sin(x));
    L=r*th;

} elseif (L<>0 and d==0 and h==0 and r<>0) {
    /*円弧の長さと半径から弦長・矢高*/

    th=L/r;
    d=2.*r*sin(th/2.);
    h=r*(1.-cos(th/2.));

}  elseif (L==0 and d<>0 and h==0 and r<>0) {  
    /*弦長と半径から矢高・円弧 */
    th = 2.*asin(d/(2.*r));
    L=r*th;
    h=r*(1.-cos(th/2.));

}  elseif (L==0 and d==0 and h<>0 and r<>0) { 
   /*矢高と半径から弦長・弧長*/
   th = 2.*acos(1.-(h/r));
   L=r*th;
   d=2.*r*sin(th/2.);
}

println(L);
println(d);
println(h);
println(r);
println(th*180/pi);

2012年2月12日 (日)

NHKスペシャル「ここまで来た!うつ病治療」のメモ - 2012/2/12

さっきからNHKスペシャル、うつ病治療特集を見ている。私も昔、2人のうつ病の部下を持っていたことがあって(私のせいじゃないよ。私が転勤になった部署で、この2人も見てくれと言われた…)興味深く見ている。以下メモ。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/120212.html

-----

治療法1:TMS =Transcranial magnetic stimulation 経頭蓋磁気刺激法

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E9%A0%AD%E8%93%8B%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%88%BA%E6%BF%80%E6%B3%95

8の字コイルを頭に当てて、電磁誘導(ファラデーの法則)で電流を脳に流す。昔は直接電流を流していたが、こちらの方が苦痛が少ない。

脳内のDLPFC(Dorsolateral prefrontal cortex 前頭前野背外側部)という場所が思考、意欲に作用するが、そこを刺激する。

http://en.wikipedia.org/wiki/Dorsolateral_prefrontal_cortex

DLPFCを刺激することで脳の奥にあるへんとう体(不安に作用)が暴走することに対し、バランスをとる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%81%E6%A1%83%E4%BD%93

MRIのようにやっぱりパルス音がするんですね。

治療法2: DBS = Deep Brain Stimulation 脳深部刺激療法

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E6%B7%B1%E9%83%A8%E5%88%BA%E6%BF%80%E7%99%82%E6%B3%95

脳に電極を埋め込み、胸に電池を埋め込んで25野を刺激。DLPFCとへんとう体の両方に作用。

残念ながらどちらも日本でできない。

日本で出来ることは光トポグラフィーをつかって近赤外線でDLPFCを調べる。どうも日立製作所の登録商標らしいが、今では一般的に使っている(クリネックスみたいなものか)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E3%83%88%E3%83%9D%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC

双極性障害とうつ病の区別ができる。この2つは医者でも見極めが難しい。

うつ病は古代からあった。メランコリアとヒポクラテスは呼んだ。憂鬱の語源。

アメリカでベトナム戦争など、うつ病が増えてきてマニュアルDSMが出来た。

診断基準9項目のうち、5項目当てはまるとうつ病に。でもこのせいで安易な問診に。

初期に直すことが大事になってきている。→ことばで脳に働きかける、カウンセリングが重要。これを認知行動療法といい、カウンセラーが積極的に働きかける。見方を変えれば悲観しなくていいことを示す。あるミスは実は自分の全体の仕事の1%であるとか。

予防:自分のへんとう体をリアルタイムで観察しながらよい状態にするとかできるようになる(これいいなあ)。何を思い出せばよくなるのかとか、自分で訓練ができる。

脳と心というのもが違う?

今晩一晩しかない、ではなくまるまる一晩ある、とかいう考え方が重要。

(コップの水の話だな。半分コップに水が入っているときにもう半分しかない、と思うかまだ半分もある、と思うか)

日本でも、横浜の芹香(きんこう)病院で磁気刺激をやっている(メモメモ。なんかあったらここいこう)。

http://kanagawa-pho.jp/osirase/byouin/seisin/kinkou/index.html

*とはいえ、このNHK特集については全くの先走りで、まだまだ治験が始まったばかりではないか、などいろんな意見があるようですね。

http://togetter.com/li/256682

ロボトミーの悲劇も思い起こされる、、、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%BC%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

私も物理・数学・電子工学に対しては何がほんとで何がでたらめかはある程度わかるんですが、脳とか完全にど素人だからなあ。たとえばリーマン予想とかポアンカレ予想のNHK特集はつっこみまくりだったんですが、、、

牛久大仏のおみやげはクリスタルのストラップ。

大仏さんの体内で買いました。今携帯につけてます。

P1010210

P1010211



2012年2月11日 (土)

牛久大仏からのお帰りもバスだが、また一人。

このバス停から乗ったのは私一人!直行だからまた誰も乗ってこない。

P1010208

P1010207


行きも帰りもバス、私一人しか乗ってない。500円×2=1000円の売り上げで大丈夫?

ちなみにこのしたのマンホールはかっぱでした。

P1010207_2

2012年2月10日 (金)

牛久大仏裏のりすとうさぎの小動物公園へ。

こういうのは逆に最近見ないので新鮮。

P1010193

うさぎは超一生懸命餌を食べていた。

P1010184

やぎさんはゆったり。

P1010191

超動きが速いリス。

P1010188







2012年2月 9日 (木)

牛久大仏へ行ってきた。

この日、天気悪かったんだが、上の方に霞がかかっている!!!!

P1010164

P1010204

120mの世界最大の大仏さんだ。

P1010177_2

胸にある3つのラインは何かと思ったら、展望台の窓でした。ここまではエレベータで上がれます。

P1010199

頭の上にアンテナ?

P1010200

ランプも。

P1010194


LUMIX TZ20の16倍ズームのおかげではっきりわかる。

しかしでかすぎて逆にありがたみがない、、、奈良の大仏さんは14.9mらしいですが、本気で感動したんですが、、、なにか高層ビルに上ったくらいのイメージ。

何事もやり過ぎはいかんのかな、、、この日は天気が悪かったんで、晴れていてもっとよく見えていれば印象がかわったかも。









2012年2月 8日 (水)

関東鉄道バスを貸し切り!

JR牛久駅東口前から牛久大仏まで直通のバスに乗ったのだが、、、

乗客は私一人!貸し切り!

P1010163

運転手さんがバス停じゃなく本当に大仏の入り口まで行ってくれた。500円でした。

こんなんで採算取れるのか心配。。。

2012年2月 7日 (火)

牛久駅前のイズミヤ(ESCADO)の麺家族でラーメンとカレーのセット(Bセット)を。

牛久駅前でとりあえず昼食を。イズミヤに入ってみた。

P1010161

1Fにフードコートがあって、麺家族で。

P1010159

Bセット、620円だったような。ラーメンとカレーががっつりはいってます。

P1010158

やすいなー、東京なのに、と思ったら、東京じゃないよな、、、茨城だ。

関西の人にとっては新幹線にのって東に行くと東京も茨城も千葉も一緒だ…

たぶん、関東の人が大阪も京都も神戸も一緒なのと同じように。





2012年2月 6日 (月)

JR牛久駅へ。

京都⇒東京までのぞみで、そこから上野に行って、常磐線で50分強。牛久駅についた。

P1010160

P1010162

さてここから(続く)。


2012年2月 5日 (日)

アパホテル(京都堀川通)で一泊。

京都駅から歩いて数分です。

P1010156

P1010157

プレミアフロアだけかもしれないが、折り鶴で歓迎。

P1010152

P1010154P1010153_2

最上階に大浴場があるらしいが、私はパス。朝食はゆばもあるバイキング。これはなかなかおいしかった。さて、ここからどこへ出かけたかというと(続く)。

2012年2月 4日 (土)

「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を読んだ。

京極堂(百鬼夜行)シリーズを「邪魅の雫」まで読んでしまって、さて次に何を読もうかと思っていたらルー・ガルーが文庫版で出ていた(もう2まで出ていたが、まずは忌避すべき狼から)。

情報・コミュニケーションをタブレット端末のようなモニタを使って行い、身体的な接触が極端になくなった近未来が舞台。子供たち(劇中ではすべて児童)はたまにコミュニケーション講習で出会うだけという学校・先生がなくなった世界で、その児童が連続で惨殺されるという事件が起きる。個性豊かな少女たちが事件にいやおうなく巻き込まれ、、、というお話。面白かった!

少女たちを百鬼夜行シリーズの登場人物になぞらえてしまうのは仕方ないところ。

天才少女、美緒は榎木津だろうなあ。葉月は関口か。橡が木場かな。

京極堂は、歩未のようでもあり、違うようでもあり。服装と(占い)だけなら佐倉?

で最後に「魍魎の匣」と世界観が一緒になるという驚きが!2も出ているということでぜひ読みたい。

2012年2月 3日 (金)

「ロシア紅茶の謎」を読んだ。

6本の短編(動物園の暗号、屋根裏の散歩者、赤い稲妻、ルーンの導き、ロシア紅茶の謎、八角形の罠)が入ったお得な一冊。

やはり表題のロシア紅茶の謎、が面白かった。というかロシア紅茶を飲みたくなった(飲んだことなし!)。でも本式はジャムを紅茶に入れずに、舐めながら飲むらしい。作詞家がホームパーティのさなか、ロシア紅茶を飲んだところ青酸カリらしき毒物で死亡。他の参加者も一緒に飲んだのに、何故彼だけが?誰が毒物をどのように入れたのか?というお話。トリックはありそうでない面白いもの。

動物園の暗号と屋根裏の散歩者は暗号もの。結構考えたけど全然わからんかった。旅行好きは最初のはわかるかも。次のは、、、そりゃわからんわ。

2012年2月 2日 (木)

「マル・マル・モリ・モリ」と書かれた紙を裏から見ると、、、

という一発ネタがまたコピペ道場に。 で、これをPowerpointでやるには、普通に文字を書いて3D回転で180°x方向に回転させて反転させる。そのうえで90°回転させると、、、

Marumaru

フォントは、HG正楷書体-PROです。

2012年2月 1日 (水)

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」を読んだ。

全世界で6000万部も売れているということで相当期待して読んだ。さすがに期待通り、面白かった。特にスウェーデンのことを気にしたことが今までなかったのだが、ちょっと調べてみたくなったくらい。

経済ジャーナリストで月刊誌、ミレニアムの発行責任者であるミカエルは、大物実業家の悪事を暴こうとして逆に罠にかけられ、裁判で有罪になってしまう。そんなおり、かつての大企業グループの会長、ヘンリックから40年前、密室としか思えない状況の孤島から姿を消した兄の孫娘、ハリエットの失踪(殺人)を調査してほしいと依頼される。

一方、警備会社の凄腕女性調査員、リスベット(ドラゴンのタトゥーを入れた、子供にしか見えない、またこどものころから問題を起こし精神を病んでいると疑われ、後見人を必要としている)は、ミカエルの調査を行ううちにミカエルに協力することに、、、

複雑なヴァンゲル家の家系、スウェーデンの歴史、密室ミステリ、などなど様々な要素があり、全く飽きさせない。ただ一つの問題は、ただでさえ難しいスウェーデンの名前がいっぱい出てきて全く覚えられない!ということだ。が、ちゃんと別紙で登場人物表を挟んでくれているので非常に助かった。

で名探偵カッレくんが非常に気になるのだが、本名カッレ・ブルムクヴィストって名字が一緒か!
      

http://www.aga-search.com/885kalleblomkvist.html

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ