« Eulerの定理(数論)をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | あの柔らかいナリッ、が本当にあった。 »

2012年2月21日 (火)

「白い兎が逃げる」を読んだ。

4編の中短編集です。

「不在の証明」・・・双子もの+時刻表アリバイもの。不在「の」証明というところが面白い。

「地下室の処刑」・・・なんという動機だ、けど今ならあるかも、という。あとがきにも書いてあるけど、法月さんのある小説を少しだけ思い出した。

「比類のない神々しいような瞬間」・・・好きだからこそクイーン批判なのかな?でも最後の最後のなぞ解きは、、、まったく知らなかった。 しかーーし、一つだけ文句が。阪急は長岡京市駅じゃなくて、長岡天神駅です!

「白い兎が逃げる」・・・ストーカー被害に悩む劇団の看板女優。そのストーカーが小学校で殺され、、、これも時刻表アリバイもの。でも結構私も乗る電車なので、ちょっと調べてしまった。

« Eulerの定理(数論)をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | あの柔らかいナリッ、が本当にあった。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53516303

この記事へのトラックバック一覧です: 「白い兎が逃げる」を読んだ。:

« Eulerの定理(数論)をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | あの柔らかいナリッ、が本当にあった。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ