« 衝撃!ルジャンドルの肖像画は偽物、、、足利尊氏だと思っていた絵が騎馬武者像と言われた以来の衝撃。 | トップページ | 「プラ・バロック」を読んだ。 »

2012年2月17日 (金)

「殺人鬼フジコの衝動」を読んだ。

この帯についていた紹介は絶対おかしい。「あとがきまでが物語です」って書いてあるが、そんなの当たり前というか、まえがきが作者からではなく、作中の作者からなのであとがきもそれにきまっているというか、こんな書き方したら内容わかっちゃうだろう。強いて言うと「あとがきの後のページまでが物語」ならぎりぎりセーフ?三津田信三さんに同じプロットはありましたが。

。。。という作品に関係ない帯に文句を言ってもしょうがない。内容は面白かったです。藤子さんが不幸で、、、最初は叙述トリックなのかと思ったが、序章はそうともとれるし、そうでないとも。真犯人というか、黒幕はわりとわかりやすい(なんでこんなところにタイミングよく現れるの?という)ですが、それでもやっぱり殺人を繰り返すのはつらいな。

« 衝撃!ルジャンドルの肖像画は偽物、、、足利尊氏だと思っていた絵が騎馬武者像と言われた以来の衝撃。 | トップページ | 「プラ・バロック」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53469575

この記事へのトラックバック一覧です: 「殺人鬼フジコの衝動」を読んだ。:

« 衝撃!ルジャンドルの肖像画は偽物、、、足利尊氏だと思っていた絵が騎馬武者像と言われた以来の衝撃。 | トップページ | 「プラ・バロック」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ