« 子供には一瞬でわかるが、大人、特に教育を受けた人ほど出来ない問題。 | トップページ | 「町長選挙」を読んだ。 »

2012年2月23日 (木)

「重力ピエロ」を読んだ。

弟のハルの出生にまつわるくだりを何かで読んだだけでつらくなって読むのを躊躇していたのだが、今回読んでみた。

兄の泉水(イズミ)は遺伝子調査に関する会社で働いているが、街の落書きを消す商売をしている弟の春(ハル)から、連続放火事件が起きるときには必ずそのそばにグラフィティアートが書かれていると知らされる。その絵には謎の言葉、God Can Talk, ...が。

非常に面白い設定。謎の言葉は、実は私も理系なんでわかっちゃった。けどそれと話の筋とは関係なく面白い。

伊坂さんの登場人物は感情移入できるハルとイズミ(必ずしも善人じゃない)と、悪人(こっちははっきり悪人)がくっきりしていて、最後のほうはさわやかな気持ちになれる。伏線の張り方もいつものようにいいです。今回は特に出だし(春が二階から落ちてきた)とラスト(これは書かないが)がよかった。

« 子供には一瞬でわかるが、大人、特に教育を受けた人ほど出来ない問題。 | トップページ | 「町長選挙」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53584273

この記事へのトラックバック一覧です: 「重力ピエロ」を読んだ。:

« 子供には一瞬でわかるが、大人、特に教育を受けた人ほど出来ない問題。 | トップページ | 「町長選挙」を読んだ。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ