« 「マル・マル・モリ・モリ」と書かれた紙を裏から見ると、、、 | トップページ | 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を読んだ。 »

2012年2月 3日 (金)

「ロシア紅茶の謎」を読んだ。

6本の短編(動物園の暗号、屋根裏の散歩者、赤い稲妻、ルーンの導き、ロシア紅茶の謎、八角形の罠)が入ったお得な一冊。

やはり表題のロシア紅茶の謎、が面白かった。というかロシア紅茶を飲みたくなった(飲んだことなし!)。でも本式はジャムを紅茶に入れずに、舐めながら飲むらしい。作詞家がホームパーティのさなか、ロシア紅茶を飲んだところ青酸カリらしき毒物で死亡。他の参加者も一緒に飲んだのに、何故彼だけが?誰が毒物をどのように入れたのか?というお話。トリックはありそうでない面白いもの。

動物園の暗号と屋根裏の散歩者は暗号もの。結構考えたけど全然わからんかった。旅行好きは最初のはわかるかも。次のは、、、そりゃわからんわ。

« 「マル・マル・モリ・モリ」と書かれた紙を裏から見ると、、、 | トップページ | 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53065347

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロシア紅茶の謎」を読んだ。:

« 「マル・マル・モリ・モリ」と書かれた紙を裏から見ると、、、 | トップページ | 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ