« 「ロシア紅茶の謎」を読んだ。 | トップページ | アパホテル(京都堀川通)で一泊。 »

2012年2月 4日 (土)

「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を読んだ。

京極堂(百鬼夜行)シリーズを「邪魅の雫」まで読んでしまって、さて次に何を読もうかと思っていたらルー・ガルーが文庫版で出ていた(もう2まで出ていたが、まずは忌避すべき狼から)。

情報・コミュニケーションをタブレット端末のようなモニタを使って行い、身体的な接触が極端になくなった近未来が舞台。子供たち(劇中ではすべて児童)はたまにコミュニケーション講習で出会うだけという学校・先生がなくなった世界で、その児童が連続で惨殺されるという事件が起きる。個性豊かな少女たちが事件にいやおうなく巻き込まれ、、、というお話。面白かった!

少女たちを百鬼夜行シリーズの登場人物になぞらえてしまうのは仕方ないところ。

天才少女、美緒は榎木津だろうなあ。葉月は関口か。橡が木場かな。

京極堂は、歩未のようでもあり、違うようでもあり。服装と(占い)だけなら佐倉?

で最後に「魍魎の匣」と世界観が一緒になるという驚きが!2も出ているということでぜひ読みたい。

« 「ロシア紅茶の謎」を読んだ。 | トップページ | アパホテル(京都堀川通)で一泊。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53120014

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」を読んだ。:

« 「ロシア紅茶の謎」を読んだ。 | トップページ | アパホテル(京都堀川通)で一泊。 »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ