« 三王神社でお参り。 | トップページ | 向日市で激辛グルメKARA-1グランプリが昨日開催?行けばよかったなあ。 »

2012年3月18日 (日)

「13階段」を読んだ。

「6時間後に君は死ぬ」が面白かったので、高野さんの第47回江戸川乱歩賞受賞のこの作品を読んでみた。評判にたがわず、面白かったです。

保護司夫婦が惨殺され、現場近くでバイク事故で倒れていた樹原。状況証拠は彼が犯人と強く示していたが、犯行時刻の記憶が事故の影響で無いまま、死刑宣告され執行を待つばかりに。冤罪の可能性を示すために雇われた刑務官、南郷と殺人の前科を持ち、仮釈放中の青年、三上が調査を始める。。。

手がかりは樹原の記憶にわずかに残る、階段のみ。処刑は刻一刻と迫る、、、

というスリリングな展開。

犯人も、この人か?いやこの人?、、、と何度も疑わせ、最終的な犯人、また最後の告白も心に残るものに。トリックに使われるある機械、私も結構好きな機械で、見るたびに面白いなあと思っていたもの。でもあそこまでだますほどの機械はほんとは無理かも。

« 三王神社でお参り。 | トップページ | 向日市で激辛グルメKARA-1グランプリが昨日開催?行けばよかったなあ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53743936

この記事へのトラックバック一覧です: 「13階段」を読んだ。:

« 三王神社でお参り。 | トップページ | 向日市で激辛グルメKARA-1グランプリが昨日開催?行けばよかったなあ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ