« 月と木星と金星が一直線に(2012/3/26)。今すぐ夜空を見てみて! | トップページ | 「陽気なギャングが地球を回す」を読んだ。 »

2012年3月27日 (火)

「魔王」(伊坂幸太郎)を読んだ。

こういう感じの小説は確かに初めて読む。どーしてもたとえて言うとジャパッシュ(望月さん)を思い出したくらい。

会社員の安藤は、自分が念じれば相手が必ずそれを口にすることに気づく。一方、日本は政治家 犬養によりファシズムに向かっていく。世界の大きな流れに対し、小さな能力を持った安藤はどうするのか?…という表題作 魔王。またその5年後、犬養が政権をとった日本で 安藤の弟 潤也は、自分がじゃんけんで絶対負けないことに気付き、、、という「呼吸」。

おもしろい、おもしろいけど不完全燃焼だ。この後どうなるんだ!というところで、、、

実は続編にあたる「モダンタイムス」もあるということで絶対に読みます。

« 月と木星と金星が一直線に(2012/3/26)。今すぐ夜空を見てみて! | トップページ | 「陽気なギャングが地球を回す」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53863438

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔王」(伊坂幸太郎)を読んだ。:

« 月と木星と金星が一直線に(2012/3/26)。今すぐ夜空を見てみて! | トップページ | 「陽気なギャングが地球を回す」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ