« 網敷天満宮でお参り。 | トップページ | 「老人と宇宙(そら)」を読んだ。 »

2012年3月13日 (火)

「砂漠」(伊坂幸太郎)を読んだ。

あー、青春小説(死語?)だー。こんな学生生活じゃなかったなあ、、、と遠い目。

北村くん、実家が金持ちでぴんぴん毛が立っている鳥井くん、超能力が使える南さん、モデルか女優にしか見えないクールビューティー東堂さん、そして、超強烈キャラの西嶋くんの5人が繰り広げるお話です。とにかく西嶋くんがいい!周りにこういう人間がいると困るかもしれないが、、、事件としては大きいものは起きていないのですが、伏線のはり方がいつものようにみごとで、最後にさわやかな読後感。キックボクシングがそうくるか!という感じでした。超能力はくるぞくるぞ、と思っていたのでこれも納得。

« 網敷天満宮でお参り。 | トップページ | 「老人と宇宙(そら)」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53671326

この記事へのトラックバック一覧です: 「砂漠」(伊坂幸太郎)を読んだ。:

« 網敷天満宮でお参り。 | トップページ | 「老人と宇宙(そら)」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ