« 「もう誘拐なんてしない」を読んだ。 | トップページ | 「チヨ子」を読んだ。 »

2012年3月23日 (金)

「私の男」を読んだ。

直木賞受賞作で、いつか読もうと思っていたがテーマが重そうなのでずっと後回しに、、、でも今回読んでみた。ずっしり重い読後感。

十歳で災害孤児になった花を25歳で引き取った淳悟。話はその花が大きくなり、結婚式前夜から、過去へとさかのぼる構成になっている。とにかく花と淳悟の禁断の愛(というと軽いが)が確かな筆力で書かれていて、圧倒される。

しかし淳悟のことがあえてだと思うが、ほとんど何を考えていて何をしたのかが分からなく、そこも考えさせられるものに。軽く読む話ではないですが、一度は読んでみてほしい作品。

« 「もう誘拐なんてしない」を読んだ。 | トップページ | 「チヨ子」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53798318

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の男」を読んだ。:

« 「もう誘拐なんてしない」を読んだ。 | トップページ | 「チヨ子」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ