« アホ・バカ分布図を数理モデル化した論文が出てたよ。 | トップページ | google検索のグラフ描画機能が3次元に対応していた!だとすると描くものはもうこれしかないだろう(おっぱい方程式)。 »

2012年3月30日 (金)

「氷菓」を読んだ。

学園探偵もので、米澤さんのデビュー作。いやーさわやかな感じでいいです。特に危険な事件、殺人は起きていないんですが面白い。

積極的に物事にかかわらない”折木奉太郎”は、海外を転々とする格闘家?の姉に命令されて廃部寸前の古典部に入る。なにやらわけありで同じく古典部に入った千反田えるに依頼され、33年前に同じく古典部であり、現在行方不明のえるの叔父が創刊した「氷菓」という文集について調べ始める、、、叔父は何かをきっかけに高校を退学したのだが、一体何があったのかを推理していく、、、また「氷菓」というタイトルに込められた意味は???

首切り死体とか出てくるのもいいんですが、こういうのも逆に新鮮でいいですね。ほうたろうシリーズはまだ続いているみたいなので次も読みたい。

« アホ・バカ分布図を数理モデル化した論文が出てたよ。 | トップページ | google検索のグラフ描画機能が3次元に対応していた!だとすると描くものはもうこれしかないだろう(おっぱい方程式)。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/53909251

この記事へのトラックバック一覧です: 「氷菓」を読んだ。:

« アホ・バカ分布図を数理モデル化した論文が出てたよ。 | トップページ | google検索のグラフ描画機能が3次元に対応していた!だとすると描くものはもうこれしかないだろう(おっぱい方程式)。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ