« 超再現!ミステリーで森さんの「奥様はネットワーカ」が。なるほど、この方式なら叙述トリックが映像化できるか。 | トップページ | 藤森神社でお参り。 »

2012年4月18日 (水)

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」を読んだ。

面白い!ただただすごいという感想。前作のラストで倒れ、瀕死で手術を受けたリスベット。しかしザラチェンコも(というか、このくだりを言っていくと2のラストのネタばれに、、、)同様に助かり、同じ病院に搬送される。しかしこのことにより、ザラチェンコを隠ぺいしてきた公安組織がすべてを秘密にするために動き始める。

最初はスパイ小説、国家を揺るがす陰謀、そして最後の方は法廷もの、そして最後の最後に、、、やっぱり対決するか、とドキドキの展開。

でもPDAは、、、もうPalmなくなっちゃったよ。タングステンTもないし、、、

http://www.kanshin.com/keyword/226692

そして、双子の妹の存在が次への伏線に、、、と思ったら作者がお亡くなりになっていて読めないんだな、もう。残念、、、

« 超再現!ミステリーで森さんの「奥様はネットワーカ」が。なるほど、この方式なら叙述トリックが映像化できるか。 | トップページ | 藤森神社でお参り。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54081863

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」を読んだ。:

« 超再現!ミステリーで森さんの「奥様はネットワーカ」が。なるほど、この方式なら叙述トリックが映像化できるか。 | トップページ | 藤森神社でお参り。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ