« 「ガリレオの苦悩」を読んだ。 | トップページ | アニメ トリコの新エンディングは山下智久くんのLove Chaseだが、これも何かに似ているような気がしてしかたない。 »

2012年4月22日 (日)

「鴉」(麻耶雄嵩)を読んだ。

これ、読み終わって「あれ?なんで?意味がわからない」と思ったが、あの一度死んだはずが蘇ったように見えるところがヒントだったのか。

弟、アベル(ほんとは漢字)の失踪と死の謎を追って地図に載っていない村に潜入した兄、カイン(これも漢字)。村を支配する大鏡。弟はその近衛をしていたという。平和な村に巻き起こる連続殺人事件。

自殺したという嫌われ者、錬金術師と関係があるのか?

大ネタのトリック、全員が○○だった(犯人/被害者1人が○○だった、というのは見た事ありますが)で感心し、さらに大鏡の正体で驚いていたら、まだ先があって、メルカトルが全部ひっくり返して最初の感想に、、、

視点が章ごとに変わるお話は時系列に気をつけろ、といういつものパターンなんですが名前が同じなのはどうなのか、、、

« 「ガリレオの苦悩」を読んだ。 | トップページ | アニメ トリコの新エンディングは山下智久くんのLove Chaseだが、これも何かに似ているような気がしてしかたない。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54128899

この記事へのトラックバック一覧です: 「鴉」(麻耶雄嵩)を読んだ。:

« 「ガリレオの苦悩」を読んだ。 | トップページ | アニメ トリコの新エンディングは山下智久くんのLove Chaseだが、これも何かに似ているような気がしてしかたない。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ