« ももクロの新曲「Z女戦争/PUSH」のPVを観た。今回もいろいろ面白いな。 | トップページ | 「アリアドネの弾丸」を読んだ。 »

2012年6月23日 (土)

「中途半端な密室」を読んだ。

超人気の東川さんの初期短編集(5編)。最初だけフリーター十川くんが探偵役であとの4編は大学生 山根敏くんが同級生の七尾幹夫くんをワトソン役に、安楽椅子探偵となって推理します。

表題作は、テニスコートの真ん中で、コートに鍵がかかった(もちろん天井はあいてるし、金網はよじ登れる)状態で刺殺されていた男の記事が新聞に出ていた。それを見ただけで推理する面白いもの。なるほど、よくある話を一ひねりしていて面白い。

あとは、ちょうど森さんの「タカイxタカイ」を読んだところだったので、少し似た状況の「竹と死体と」が面白かった。老婆が17mという高い竹のてっぺんで首をつって死んでいるのが発見されたという新聞記事を見て推理するもの。こちらのトリックの方がタカイxタカイよりずっと面白かった!

こういう短編集はまだまだ読みたいな。

« ももクロの新曲「Z女戦争/PUSH」のPVを観た。今回もいろいろ面白いな。 | トップページ | 「アリアドネの弾丸」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54306995

この記事へのトラックバック一覧です: 「中途半端な密室」を読んだ。:

« ももクロの新曲「Z女戦争/PUSH」のPVを観た。今回もいろいろ面白いな。 | トップページ | 「アリアドネの弾丸」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ