« ルンゲクッタ8次(Dormand&Prince)でRayくんが解いた落下の微分方程式+αを解く。 | トップページ | 「遠まわりする雛」を読んだ。 »

2012年6月30日 (土)

「ペガサスと一角獣薬局」を読んだ。

南美季風シリーズの短編5編。”世界の伝説と奇観”を取材するフリーカメラマン、南くんが表題のペガサスやドラゴン、など幻獣や奇跡としか思えない現象を推理していきます。

短編ですが、大がかりなプロット・トリックは満載。ドラゴンに殺されたとしか思えない”龍の淵”、溶接された小屋で人骨が見つかる”光る棺の中の白骨”、そしてペガサスやユニコーンが登場する”ペガサスと一角獣薬局”。これが一番面白かった。全部、論理的な説明はついてます。ただひとつ、おばあちゃんと孫の関係を除いては、、、

そして大ネタ”チェスター街の日”。島田さんでながーい長編で微妙に似たものがありましたが、時間と場所の違いがありますね。

そして龍の淵の前日談、読者だけに判るボーンレイク事件、と続きます。こういう短編集はお得感があっていいなあ。

« ルンゲクッタ8次(Dormand&Prince)でRayくんが解いた落下の微分方程式+αを解く。 | トップページ | 「遠まわりする雛」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54479350

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペガサスと一角獣薬局」を読んだ。:

« ルンゲクッタ8次(Dormand&Prince)でRayくんが解いた落下の微分方程式+αを解く。 | トップページ | 「遠まわりする雛」を読んだ。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ