« "ふたりの距離の概算"を読んだ。 | トップページ | トリコの新エンディングはヒャダインの「サンバdeトリコ!!!」。ついにPV解禁!/じょしらくのエンディングも。 »

2012年7月 7日 (土)

「ソウルケイジ」を読んだ。

「ストロベリーナイト」が面白かったので、第二弾の「ソウルケイジ」も読んでみた。残念ながら、ドラマは見てませんが、、、

多摩川土手に放置された車両から、血まみれの左手首が発見された。近くの工務店のガレージが血の海になっており、手首と血のDNAの鑑定結果から、同一人物、工務店主人のものと断定された。しかし、手首意外の部分が見つからない。

一体死体はどこに?また一体なぜ手首だけが残っていたのか?

今回は「父性」がポイントになるお話でした。珍しいテーマだな。トリックは、、、これ本当にできるのだろうかとか思うけど(というかお話のなかでもたまたまそうなってしまった、という書き方)、そういう細かいことを吹き飛ばすくらいストーリーや人間関係が面白い。とくに姫川が最初の方にあったある人が、、、というのは驚いた。次も読んでみたい。

« "ふたりの距離の概算"を読んだ。 | トップページ | トリコの新エンディングはヒャダインの「サンバdeトリコ!!!」。ついにPV解禁!/じょしらくのエンディングも。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54196570

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソウルケイジ」を読んだ。:

« "ふたりの距離の概算"を読んだ。 | トップページ | トリコの新エンディングはヒャダインの「サンバdeトリコ!!!」。ついにPV解禁!/じょしらくのエンディングも。 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ