« Arduino UNOとLV MaxSonar EZ1とLCDで超音波測距計を一瞬で作る。 | トップページ | 小沢新党の名前が「国民の生活が第一」って、、、 »

2012年7月11日 (水)

「キング&クイーン」(柳広司)を読んだ。

この帯についていたキャッチコピー”二度読み必死!!”というのはその通りでした。やっぱり章ごとに叙述している人物が違う場合は、時系列が同じか、それとも○○が同じか、を疑えという、、、

元警視庁SPで、今は愛想の悪いバーの店員、冬木安奈は、元チェスの世界王者で行方不明と言われていたアンディ・ウォーカーの警護を成り行きで引き受けることに。警護を依頼したお金持ちのお嬢様、宋は「アメリカの大統領に狙われてる」と。そんなことあるのか?と思い、また襲ってくる連中に何かちぐはぐなものを感じる。はたしてなぜ狙われているのか、、、

タイトルと序文とこの帯だけで、鋭い人はだいぶ前の方で気付く人がいるかもしれないなあ。

« Arduino UNOとLV MaxSonar EZ1とLCDで超音波測距計を一瞬で作る。 | トップページ | 小沢新党の名前が「国民の生活が第一」って、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54251818

この記事へのトラックバック一覧です: 「キング&クイーン」(柳広司)を読んだ。:

« Arduino UNOとLV MaxSonar EZ1とLCDで超音波測距計を一瞬で作る。 | トップページ | 小沢新党の名前が「国民の生活が第一」って、、、 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ