« 「硝子のハンマー」を読んだ。 | トップページ | 「ソウルケイジ」を読んだ。 »

2012年7月 6日 (金)

"ふたりの距離の概算"を読んだ。

古典部シリーズ第5段。表紙カバーは通常版に加え、ひっくり返すとアニメ化されたキャラクター版になるというお得な構成です。アニメは観たことないですが、、、

2年生となった奉太郎たちの古典部に、仮入部してきた新入生の大日向友子。

すぐになじんだかのように見えたのだが、突然ある言葉を残して入部しないと去っていってしまった。原因は部室での千反田との会話か?

納得できない奉太郎は、なんとマラソン大会20kmを走りながら、当事者たちにインタビューして解決しようとする。

当事者との距離を概算で測り、走りながら(というか後から来る人を待つために歩いたりしながら)解決するというすごい設定です。最後の章のタイトルがいいですね。「手はどこまでも伸びるはず」、千反田えるに出会って変わっていきつつある奉太郎です。

« 「硝子のハンマー」を読んだ。 | トップページ | 「ソウルケイジ」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55086026

この記事へのトラックバック一覧です: "ふたりの距離の概算"を読んだ。:

« 「硝子のハンマー」を読んだ。 | トップページ | 「ソウルケイジ」を読んだ。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ