« 叙述トリックとはどんなもの?というのを一発で説明する名文が! | トップページ | 「あるキング」を読んだ。 »

2012年8月17日 (金)

「ダブル・ジョーカー」を読んだ。今回も面白い!

「ジョーカーゲーム」が面白かったので、文庫化された2作目も期待して読んだ。期待通りに面白い!

結城中佐率いる異能のスパイ組織D機関が、「死ぬな、殺すな」をモットーに諜報活動を繰り広げるお話。

今回は何と言っても結城中佐の若いころのスパイ活動がうかがえる「柩」と、D機関を快く思わない連中が「殺せ、死ね」をモットーに作った風機関との格の違いを見せつける「ダブル・ジョーカー」がよかった。

そして文庫版に特別収録の「眠る男」。これは前作のジョーカーゲームのあるお話の裏で何が起こっていたか?というものですよね。

パラダイスロストもぜひ読みたい。

« 叙述トリックとはどんなもの?というのを一発で説明する名文が! | トップページ | 「あるキング」を読んだ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

とても面白かったです。
超人的なスパイたちの活躍に前作以上に心躍らされました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55436784

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダブル・ジョーカー」を読んだ。今回も面白い!:

« 叙述トリックとはどんなもの?というのを一発で説明する名文が! | トップページ | 「あるキング」を読んだ。 »

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ