« [再掲]ドレイク方程式をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | "ぶつからないミニカー"には赤外線センサが搭載されているそうです。 »

2012年9月 5日 (水)

「殺人鬼-覚醒編」を読んだ。

うわー、スプラッタだ。作者いわく、13日の金曜日のジェイソンはまだやさしい、それは一息にとどめをさすから。 この作品の”それ”は苦しめてなぶり殺すという最悪な殺人鬼。

双葉山に集ったTCメンバーの一向は突如出現したそれの手によって次々と惨殺されていく。で、ホラーなんですが綾辻さんらしく、やっぱり叙述トリックがあります。Anotherとも似てるな。

TCがなんの略か、とB,Aという章に現れるアルファベットがあれ?と思ったらそういうことか。

でも生き残った2人の証言が偽証で、、、というトリックでもありうるのか?まあ続編があるのでそこらへんはわかるでしょう。

« [再掲]ドレイク方程式をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | "ぶつからないミニカー"には赤外線センサが搭載されているそうです。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54421572

この記事へのトラックバック一覧です: 「殺人鬼-覚醒編」を読んだ。:

« [再掲]ドレイク方程式をkeisan.casio.jpにUP! | トップページ | "ぶつからないミニカー"には赤外線センサが搭載されているそうです。 »

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ