« 「灰色の動機」を読んだ。 | トップページ | バードストライクのシミュレーション 2012 »

2012年10月15日 (月)

Arduino UNOとマイクロリレーと可変電圧電源で、おもちゃ用の制御電源を作る。

まず使ったのはオムロンのマイクロリレーG6E-134P。

http://www.omron.co.jp/ecb/products/pry/111/g6e.html

これは5V 40mAで制御できるので、Arduinoのデジタル出力でぎりぎり

そのまま制御できる。

そしてストロベリーリナックスのTPS63060 可変型昇降圧DC-DCコンバータモジュール。

http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=12060

2.5Vから8Vまで作れる。

でArduino UNO。

http://www.arduino.cc/en/Main/arduinoBoardUno

全体像はこんな感じ。

P1020885

P1020888

リレーのOn/OffはArduinoから、電圧は可変抵抗をドライバーで回したら設定できる。

さて、これで、いろんな電圧のオモチャの電源を自在にArduinoから制御できるようになった。ほんとにつなぐだけで簡単。もう電子工作というレベルでもないですね。

で、なんでこんなものを作ったかと言うと・・・

今月頭のCEATECで、うちで出していたある展示物が会場でうまく動かなかった。

まあ、最終的にはなんとかなりましたが、ちょっとしたOn/Off制御と電圧が

変えられる電源があったら、便利だったのになあ、、、ということで。

« 「灰色の動機」を読んだ。 | トップページ | バードストライクのシミュレーション 2012 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55890031

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino UNOとマイクロリレーと可変電圧電源で、おもちゃ用の制御電源を作る。:

« 「灰色の動機」を読んだ。 | トップページ | バードストライクのシミュレーション 2012 »

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ