« 「透明人間の納屋」を読んだ。 | トップページ | 本当にぶつからないためにはこれくらいしないと、、、(日産の衝突回避やトヨタのレクサスLS、マツダのアテンザ) »

2012年10月17日 (水)

ElekitのプログラミングロボットKIROBOで遊んでみる(購入→組み立て編)

ぶつからないミニカーの話を前に書いたことがありますが、このミニカーみたいな動きをするものを自分でも作ってみたくなった。プログラムできるものがいいなあ、と思って探すと、、、

エレキットのKIROBOがそういうことができそう。光センサ2個、タッチセンサ(ぶつかるとOnになる)2個がついてるし。

http://www.elekit.co.jp/product/4d522d39313332

さっそく日本橋のシリコンハウスで買ってきた。

で組み立て。基本、ねじ止めするだけなので簡単。(ですが、穴の位置を間違えて何回かやり直すはめに、、、組み立て仕様書はちゃんと読みましょう)

組み立てた!

P1020902

前後に金属のちょっと飛び出した部分が見えますが、これがタッチセンサ。

横から。ジャックは実は!PCのヘッドホン端子と接続して、そこからプログラムを転送する。

音声でプログラム転送?ってことは、大昔のパソコン(というかマイコン?)がカセットレコーダをプログラム保存・読み込みに使っていたのと同じか!

P1020903_2

光センサ2個。LEDを光らせて、反射してくる光を受けているということで、これを使えばぶつからないミニカーっぽいことができるはず(今は下についてますが、前方に組み替えることも容易みたい。そのための部品も入っている)。センサの下側はキャスタ。なのでタイヤ2個でも走れる。

P1020904

モータは右左1個ずつ入っているので右左に曲がれる。

P1020905

そして気になる制御基板。PICマイコンを使用している。

P1020909

さてさて、プログラムしようとメインで使っているWindows7 PCで音声で転送しようとしたら、、、全然反応しない!うわー、どうしよう、と思ってサブで使っているWindows vista ノートPCで動かすと、なんとか動いた。ウエブで検索すると、転送できないトラブル多いみたい。USBにしてくれていれば、、、

まあ、とりあえずプログラムもできそうなので、いろいろいじってみます。では続く(いつになるやら)。

« 「透明人間の納屋」を読んだ。 | トップページ | 本当にぶつからないためにはこれくらいしないと、、、(日産の衝突回避やトヨタのレクサスLS、マツダのアテンザ) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55906886

この記事へのトラックバック一覧です: ElekitのプログラミングロボットKIROBOで遊んでみる(購入→組み立て編):

« 「透明人間の納屋」を読んだ。 | トップページ | 本当にぶつからないためにはこれくらいしないと、、、(日産の衝突回避やトヨタのレクサスLS、マツダのアテンザ) »

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ