« ElekitのプログラミングロボットKIROBOで遊んでみる(購入→組み立て編) | トップページ | Googleの自動運転カーのテクノロジー。 »

2012年10月17日 (水)

本当にぶつからないためにはこれくらいしないと、、、(日産の衝突回避やトヨタのレクサスLS、マツダのアテンザ)

ぶつからないクルマ、としてレガシーや、最近はフォルクスワーゲン、ボルボなどが盛んにCM流していますね。でも、ああいった方式は、制限が多くて、基本は晴天時、前面にはっきりした障害物があるときにブレーキをかける、ということだけに絞ってコストを下げています。

じゃあ、本当にさまざまなケースで衝突を回避しようとしたらどうなるかというと、、、

http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2012/_STORY/121017-01-j.html

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121017/246154/

こうなります。日産の実験。”緊急操舵回避支援システム”

"内訳は前方監視用の77GHzレーダ1個、後側方監視用の24GHzレーダ2個、前方監視用のカメラ1個、前方監視用のレーザレーダ1個、車両の4隅に設置したレーザレーダ4個である。"

非現実的に多そうに思うでしょ?

でも実はトヨタのレクサスLSは、、、

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/CAR/20121011/245152/

ミリ波レーダ(77GHZ)とステレオカメラとバンパーに入った24GHzのレーダ2台とか積んでいる。

でもあんまりCMしてないな、、、一般にCMしたら購買が増えるような価格帯の車じゃないからか、、、

http://kakaku.com/item/70107410590/

によると830万~1310万円…

マツダのアテンザも複数のセンサ積んでますね。9種類、、、

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120921/241240/

ということで、本当にぶつからないようにしようとしているものは、ちょっとでもぶつかったら大問題になるので宣伝はしなくて、制限があるものはありますよ、と言ったうえで宣伝する、という感じになってきてる。

---

最近、ダイハツのムーヴも衝突回避システムついてる。軽自動車にもかと驚き。

デンソーのレーザーレーダ(ライダー)だそうです。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/CAR/20121220/257558/?ST=p_bizboard

スバルのステラもか。こちらもダイハツと同じ技術でカメラじゃない。コスト削減のためにレガシーのようなステレオカメラは使えなかったのか。

http://clicccar.com/2012/12/24/207628

« ElekitのプログラミングロボットKIROBOで遊んでみる(購入→組み立て編) | トップページ | Googleの自動運転カーのテクノロジー。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/55913065

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にぶつからないためにはこれくらいしないと、、、(日産の衝突回避やトヨタのレクサスLS、マツダのアテンザ):

« ElekitのプログラミングロボットKIROBOで遊んでみる(購入→組み立て編) | トップページ | Googleの自動運転カーのテクノロジー。 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

フォト