« 「アルマゲドン」のように核爆弾では小惑星は回避できないが、反射性の塗料で何とかできる?アルマゲドン2ができそう。 | トップページ | 月のうさぎは隕石の跡? »

2012年10月29日 (月)

「鍵のかかった部屋」を読んだ。

防犯探偵?榎本シリーズ第三段。ドラマはこちらがタイトルになってましたね。

ガリレオを思わせる理系ネタの表題作、死体の知識を利用した「佇む男」のトリックがよかった。その他、コミカルな劇団の続編、「密室劇場」と欠陥住宅を利用した「歪んだ箱」の4編。

実はドラマは、トリックについては忠実に原作をなぞっているみたいでした。最大に設定の違い、泥棒⇔防犯オタク、というのはあるけれど。

« 「アルマゲドン」のように核爆弾では小惑星は回避できないが、反射性の塗料で何とかできる?アルマゲドン2ができそう。 | トップページ | 月のうさぎは隕石の跡? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54837244

この記事へのトラックバック一覧です: 「鍵のかかった部屋」を読んだ。:

« 「アルマゲドン」のように核爆弾では小惑星は回避できないが、反射性の塗料で何とかできる?アルマゲドン2ができそう。 | トップページ | 月のうさぎは隕石の跡? »

最近の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ