« え!緑青って毒性ないの? | トップページ | Apple iPodのCMでiPod touchやnanoが跳ねているCMソングはWilly MoonのYeah Yeah »

2012年10月28日 (日)

”狐火の家”を読んだ。

”硝子のハンマー”は最終的なトリックが微妙な気(ほんとにあれで死ぬのか?)がしましたが、こちらは結構納得の結末の4編の短編集。

ドラマでは防犯オタクになっていた主人公はもちろん本物の泥棒。

表題作も途中で誤った結論が出て、でも実は、、、というのも前作と似てますが、こちらは悲しい結末…そして、私も昆虫嫌いなので嫌な”黒い牙”。このトリックは見たことないなあ。面白い。そして将棋に関する”盤端の迷宮”。チェスの話は本当って本当か!そしてコミカルな”犬のみぞ知る Dog knows"も楽しい。

続編の「鍵のかかった部屋」も続けて読みます(ドラマはこれがタイトルになってた)。

« え!緑青って毒性ないの? | トップページ | Apple iPodのCMでiPod touchやnanoが跳ねているCMソングはWilly MoonのYeah Yeah »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512682/54805747

この記事へのトラックバック一覧です: ”狐火の家”を読んだ。:

« え!緑青って毒性ないの? | トップページ | Apple iPodのCMでiPod touchやnanoが跳ねているCMソングはWilly MoonのYeah Yeah »

最近の記事

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ